2009年1月24日 (土)

オオバン

 今日は「オオバン」です。漢字では「大鷭」と書きます。ツル目クイナ科に分類される水鳥で、クイナの仲間では一番大きいそうです。東北以南は留鳥といわれますが、この池では夏場は見かけないようです。甲高い声で「クッ、クッ」「ケッ」などと鳴きます。「バン」という嘴の赤い小ぶりな鳥もいて、こちらは岸に上がって歩くことも多いようですが、やや大きいせいかオオバンはあまり歩くことは少ないようです。「バン」のほうはこの池で夏場にも見られ、子育ても見ることができます。

K20D+RUBINAR1000F10
Imgp5197

  この日は他の渡り鳥はオナガカモぐらいしか来ていないようでしたが、東京には石神井公園に白鳥が4羽飛来したとニュースで伝えていました。 寒かった・・・このあと風邪を引いてしまい、いまだに風邪が抜けきっていません。鳥インフルエンザ対策のために白鳥の餌付けをやめたなどという話もあるようですが、重症ではないので鳥インフルではなかったようです。このくらいでは感染しないのでしょうか・・・(^^ゞ

Imgp5392
 こちらは「バン」です。やや小ぶりで鳩ぐらいで歩くのも得意です。

続きも餌を採る「オオバン」さんです。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

続きを読む "オオバン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

カイツブリ

 今日はカイツブリです。日本では古くは「にお」と呼ばれ、漢字では「鳰」と書きます。鳩よりやや小さくヒヨドリぐらいの水鳥で潜水して小魚やエビ、水生昆虫などの餌を採ります。潜水は得意なようで、長い時間潜っていますし、潜ったところからかなり離れたところに浮上したりしています。東アジアヨーロッパやアフリカなど広く分布していますが、日本では留鳥で夏に繁殖します。寒冷地では暖かいところに移動して繁殖ようです。子供たちを背中に乗せているのが有名ですが、この池では今年は営巣していないようです。というのもすぐそばで建物の立替工事をしていて、大きな音がしています。そのせいか3日間で2回しか姿を見せてくれませんでした。しかも1羽しかいないようですが、どうなんでしょう。公園の工事もカイツブリの繁殖期をずらして工事するのが当たり前と思うのですが・・・お役所仕事なんでしょうか。

K20D+McRubinar1000F10
Imgp2628

  3日間、合計18時間ぐらい粘りましたが、最初の日に一度、2日目に一度、3日目は姿を見せてくれませんでした。

続きもカイツブリさんです。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

続きを読む "カイツブリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

ニリンソウ 板橋の自生地

 今日はニリンソウです。ニリンは二輪で、花を二輪つけるキンポウゲ科の多年草です。先日のイチリンソウは花を一輪つけるのですが、花の数だけでなく、葉の様子も違う別の種類です。他にサンリンソウもあります。

K20D+FA☆200F2.8ED[IF]
Imgp1832
  イチリンソウは葉が小さく切れ込んでいますが、こちらは葉が大きいですね。2輪の花をつけますが、三輪つけることもありますが、サンリンソウではありません。

ニリンソウ 板橋の自生地  Imgp1827
 こちらが板橋区赤塚の赤塚公園にある、ニリンソウの自生地です。武蔵野台地のはずれの水に恵まれた斜面にたくさん自生しています。柵で保護され、板橋区の花にもなっています。

Imgp2044 Imgp2058

不動の滝 東京の名湧水100選
  この近くに、不動の滝という湧き水があって、東京の名水57選に指定されています。道路脇に小さな公園として整備されていて、右の写真のように湧き出しています。汲んでかえって、お茶を飲んで見ましたが、まろやかで甘みのある水で、後味もよく、いつまでも舌にまろやかさが残ります。

続きも赤塚のニリンソウです。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

続きを読む "ニリンソウ 板橋の自生地"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

MC RUBINAR 1000mm F10

 今日は東京地方は雨なので、話題を変えてレンズの話です。ロシア製のレフレックスレンズ1000mmのMC RUBINAR 1000mm F10です。マウントはM42マウントですので、マウントアダプターを介してカメラに取り付けます。ペンタのレフレックス1000mmを探していたのですが、こちらの子に先に出会うことになりました。

K10D+Fmacro50F2.8+AF360FGZ
Imgp1163

  こちらがそのルビナー1000mmです。フィルター径が116mmらしく、前にフィルターを付けるようになっています。1.4xなんて書いてあるんですが、レンズではなさそうですが・・・。ペンタの1000mmは後ろにフィルターが組み込まれているようですが。全長が190mmあります。マクロらしき記載があって最短撮影距離が4m、1:4倍となっているようです。この焦点距離で、4mmは短いですね。ちなみにペンタのレフズームが最短撮影距離が2.8mです。

Imgp1164 Imgp1170
 大きさの比較にペンタのレフズームと並んでピース(^^v  フードをつけると全長が280mmぐらいになります。ちなみにレフズームはフィルター径が67mmです。

まだ、写真を撮っていませんが続きもルビナー1000mmです。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

続きを読む "MC RUBINAR 1000mm F10"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

*istD 645D 645Z A080c A2×-L A50F1.7 AF080c AF160FC AF201FG AF360FGZ AUTO REVUENON 45mm F2.8 CM CP+ DA17-70F4AL[IF]SDM DA18-135F3.5-5.6ED AL[IF] DC WR DA35F2.8macroLimited DA40F2.8Limited DA55F1.4SDM DA★200F2.8ED[IF]SDM DA★55F1.4SDM DFA Macro100F2.8 DFAmacro50F2.8 F50macroF2.8 F70-210F4.5-5.6 FA31F1.8AL Limited FA35F2AL FA43F1.9Limited FA50F1.4 FA77F1.8Limited FA☆200F2.8ED[IF] FA☆24F2AL[IF] FA☆300F4.5ED[IF] FA☆80-200F2.8ED[IF] FA☆85F1.4ED[IF] FluCard GIFアニメ HD PENTAX-DA 18-50mmF4-5.6 DC WR RE HDR Industar50F3.5 istD K-01 K-1 K-1MarkII K-3 K-30 K-3II K-5 K-50 K-5Ⅱ K-5Ⅱs K-7 K-m K-r K-S1 K-S2 K-x K10D K20D KenkoMacroTereplusMC7 KenkoPzAF2XTeleplusMC7 M135F3.5 M200F4 MC COSINON-S40F2.5 MC RUBINAR 1000mm F10 MX-1 PDCU4 PENTAX Q10 PENTAX Q7 pentaxQ PIE ReflexZoomm400-600F8-F12 REMOTE Assistant smcM200F4 smcM40F2.8 smcTakumar105F2.8 smcTakumar135F3.5 SMCTakumar55F1.8 SuperTakumar150F4 SuperTakumar55F1.8 TAMRONAF28-75F2.8XRDi XR RIKENON135F2.8 XR RIKENON28F2.8 XR RIKENON28F3.5 XR RIKENON45F2.8 XR RIKENON50F1.7 XR RIKENON50F2 XR RIKENON55F1.2 YouTube 「貧乏マクロライト」 おすすめサイト お散歩写真 くじら ふぐ アクセサリー イベント イルミネーション オブジェ オーディオ オーディオ・ビジュアル オートバイ カメラ キノコ グルメ・クッキング コンパニオン スイーツ スナップ スポーツ ソフト テレビ番組 トンボ ニュース パソコン・インターネット フォトコンテスト ヘビ ペンタックス ペンタックスセミナー ポートレート マクロ モノクロ モータースポーツ ライトアップ リアコンA2X-L レタッチ レンズ ワイン 写真 写真展 動物 動画 地図窓 夕日 夕焼け 夜景 富士山 年賀 接写リングK 文化・芸術 新幹線 新緑 旅行・地域 映像 映画・テレビ 曼珠沙華 月、星 森・林 機材 歴史 水草 温泉 爬虫類 石仏 紅葉 美女 育児 花火 蜘蛛 街角 趣味 車と美女 野草 金環食 釣り 鉄道 音楽 FisheyeTakumar18F11