2008年1月13日 (日)

愛し合うオナガガモ

 今日はオナガガモです。都市公園でもよく見られるカモで名前のとおり長い尾をしています。冬鳥で、シベリアなどで繁殖をして日本などの亜熱帯地域で越冬するようです。越冬地で交尾することもあるんですね。それとも擬似的な交尾行動なんでしょうか。

K10D+ReflexZoom400-600F8-11
Imgp8320

  私は専門家ではないので正確なことはわかりませんが、オナガガモが愛し合う姿ははじめて見ました。オスがメスの上に乗って後頭部をくちばしで咥えています。カップリングの為の求愛行動はメスを囲んで行われることもあるようですが、この時はすでにカップルになっていたようです。

Imgp1459slk9900 istD+FZoom70-210F4-5.6
 ちなみに、この池では水草が水面近くまで繁茂しているので、えさは水面近くで採りますが、水の下のえさはもぐることなくこうして採ります。

続きはこの時の愛のダンスらしきものから愛し合うオナガのカップルさんです。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

続きを読む "愛し合うオナガガモ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

オナガガモ

 今日は「オナガガモ」です。冬の渡り鳥で、水辺のある所では一番普通に見られるかもしれません。名前は尾が長いので尾長鴨です。

K10D+FA☆300F4.5ED[IF]
Imgp3477

  夕焼けをバックに美しい姿を水に浮かべています。夕方になると盛んに餌を摂ります。こちらは雄です。

続きも「オナガガモ」です。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 

続きを読む "オナガガモ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

タネツケソウ

 さて、春の野草シリーズ。タネツケソウです。正確にはミチタネツケソウのようです。

F70-210F4-5.6
IMGP2132-2
  種が花のまわりに付いていてそれでタネツケソウと言う説もあるようですが、この季節に稲のモミを発芽準備のために水に浸す時期に田の畦などで咲くことで、種を水につけるというところから来ているらしい。

DFAmacro100F2.8
IMGP2137
 小さな花で3mmぐらいしかなくて、先日のオオイヌノフグリよりはるかに小さい花です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

光る葦原

 枯れた葦原も早春の光の中で黄金色に輝いています。

F70-210F4-5.6
IMGP2084

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

ホトケノザ(仏の座)

 今日も天気がよく、暖かい日でしたので、土手に野草を探しに行ってきました。今回は、ホトケノザ(仏の座)が咲きはじめていました。

F70‐210F4‐5.6
IMGP2123
 オオイヌフグリの間から、ホトケノザが花を出していました。2週間前はオオイヌフグリが咲き始めたところで、まだホトケノザは咲いていませんでした。土手にはオオイヌフグリも群生して咲いていて今が盛りといった感じです。ホトケノザはこれからでしょう。

DFAmacro100F2.8
IMGP2093

 春の七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベ、スズナ(かぶ)、スズシロ(大根)とホトケノザですが、このホトケノザではなくタビラコ(田平子)だそうで、これは七草には入っていないようです。最近は春の七草で七草がゆなど作る人もほとんどいなくなっているのではないでしょうか。スーパーでは七草をセットにして売ったりしていたので案外季節の行事を楽しんでいる人もいるのかもしれない。ちなみに、私の場合鍋には春菊がなくてもセリは欠かせません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

オオイヌフグリ

 今日はオオイヌフグリを探しに土手に行ってきました。

FA31F1.8AL Limited
IMGP1944-slk-900
 あったあった、よく見たら、やっぱり咲いていました。

DFAMacro100F2.8
IMGP1941-slk-900
 この花が見られるようになると、春がもうすぐそこに来ていると実感します。小さな「春」見つけた、と言ったところでしょうか。

DFAMacro100F2.8
IMGP1952-slk-900
  マクロレンズで撮ると大きく見えますが、直径5mmぐらいの小さな花です。群生していないとよく見ないと見逃してしますほどの小さく淡い花です。淡い水色は空の色と言われたりしています。

F70-210F4-5.6
imgp19819009

  群生とまで行かないが、まとまって咲いています。強い花らしく、花びらが踏み荒らされても元気に咲いています。もちろん、イヌフグリとは犬の「陰嚢」つまり「金玉」のことですね。小さな実が犬のきんたまに似ているらしい。小さい植物は「いぬ・・」と名づけることが多いが、大きさも違うし、こんな小さな実を犬のきんたまにたとえた名付け親はどんな人なんでしょう。。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

石神井川散策

 石神井川が隅田川と合流する辺り、古い地名で音無川、今では滝野川と言われる辺りです。

FA31F1.8AL Limited
IMGP1383-slk-900
 出発はここ、音無川親水公園から。今は石神井川は飛鳥山の地下を通って墨田川に注いでいます。上は本郷通から西ヶ原方面への道路。

続きを読む "石神井川散策"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

*istD 645D 645Z A080c A2×-L A50F1.7 AF080c AF160FC AF201FG AF360FGZ AUTO REVUENON 45mm F2.8 CM CP+ DA17-70F4AL[IF]SDM DA18-135F3.5-5.6ED AL[IF] DC WR DA35F2.8macroLimited DA40F2.8Limited DA55F1.4SDM DA★200F2.8ED[IF]SDM DA★55F1.4SDM DFA Macro100F2.8 DFAmacro50F2.8 F50macroF2.8 F70-210F4.5-5.6 FA31F1.8AL Limited FA35F2AL FA43F1.9Limited FA50F1.4 FA77F1.8Limited FA☆200F2.8ED[IF] FA☆24F2AL[IF] FA☆300F4.5ED[IF] FA☆80-200F2.8ED[IF] FA☆85F1.4ED[IF] FluCard GIFアニメ HD PENTAX-DA 18-50mmF4-5.6 DC WR RE HDR Industar50F3.5 istD K-01 K-1 K-1MarkII K-3 K-30 K-3II K-5 K-50 K-5Ⅱ K-5Ⅱs K-7 K-m K-r K-S1 K-S2 K-x K10D K20D KenkoMacroTereplusMC7 KenkoPzAF2XTeleplusMC7 M135F3.5 M200F4 MC COSINON-S40F2.5 MC RUBINAR 1000mm F10 MX-1 PDCU4 PENTAX Q10 PENTAX Q7 pentaxQ PIE ReflexZoomm400-600F8-F12 REMOTE Assistant smcM200F4 smcM40F2.8 smcTakumar105F2.8 smcTakumar135F3.5 SMCTakumar55F1.8 SuperTakumar150F4 SuperTakumar55F1.8 TAMRONAF28-75F2.8XRDi XR RIKENON135F2.8 XR RIKENON28F2.8 XR RIKENON28F3.5 XR RIKENON45F2.8 XR RIKENON50F1.7 XR RIKENON50F2 XR RIKENON55F1.2 YouTube 「貧乏マクロライト」 おすすめサイト お散歩写真 くじら ふぐ アクセサリー イベント イルミネーション オブジェ オーディオ オーディオ・ビジュアル オートバイ カメラ キノコ グルメ・クッキング コンパニオン スイーツ スナップ スポーツ ソフト テレビ番組 トンボ ニュース パソコン・インターネット フォトコンテスト ヘビ ペンタックス ペンタックスセミナー ポートレート マクロ モノクロ モータースポーツ ライトアップ リアコンA2X-L レタッチ レンズ ワイン 写真 写真展 動物 動画 地図窓 夕日 夕焼け 夜景 富士山 年賀 接写リングK 文化・芸術 新幹線 新緑 旅行・地域 映像 映画・テレビ 曼珠沙華 月、星 森・林 機材 歴史 水草 温泉 爬虫類 石仏 紅葉 美女 育児 花火 蜘蛛 街角 趣味 車と美女 野草 金環食 釣り 鉄道 音楽 FisheyeTakumar18F11