2015年2月17日 (火)

CP+2015行ってきました その3 「超解像」など

Imgp8386
 これが開発中の「超解像」の技術展示です。

 フルサイズデジタルに搭載されるのかな?

 ベイヤー配列のセンサーは、色情報しかなく、色情報を元に画像を形成していますが、今までは、色情報のないところは類推(画素補完、デモザイク処理)をしていて、偽色やモアレの発生の要因になっていたそうです。

 今回の「超解像」技術は、SRを利用して、ベイヤー配列のすべてのRGB画素に一回ずつ計4回(緑は2回)露光してそれを合成し、「解像感」を向上させるという技術です。

 田中希美男さんとのステージでのペンタの北沢さんの話では、カメラ内で合成を行なうので、画素数自体は増えないが、Jpegにしたときに画像サイズは2割り増しぐらいになるようです。

 カメラや被写体が動いていても使える「秘策」があるようです。

Imgp8436_2
 こちらはオリンパスOM-Dの技術。

 こちらは、メカニカルシャッターが開いている間に、0.5画素づつセンサーを動かして、ワンショットで8枚の画像を撮影し、それを合成するというもの。画素数が増えるようです。

 被写体が動いていたり、カメラが動いては駄目だそうで、3脚は必須だそうす。

 流し撮りや、スローシャッターは使えないことになります。

 ペンタックスが、似たような技術発表をしているが、どう思うか聞いてみましたが、やはり、笑っているだけで答えてくれませんでしたが、気にはしているようでした。

 続きで、他の技術展示や、他のメーカーの気になるカメラなどを。

続きを読む "CP+2015行ってきました その3 「超解像」など"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

k-S2発表 同時にレンズとストロボも

Slideks2
  K-S2の発売が発表されました。発売日は3月6日。

 防塵・防滴一眼レフで世界最小だそうです。

 ごらんのようにバリアングル液晶モニター採用です。ようやく実現しましたね (^ ^/

  ボディにwi-fiが搭載されていて、シャッターの後ろにwi-fiボタンがあります。背面を見ると、S1のようにすっきりとした操作系で、扱いやすそうです。

 ハイパーダイアルと呼んでいいのかどうか、前ダイアルも装備しています。

 銀座で聞いた話では、K-S1のLEDで光るところが不評だったようで、今回は見送られたようです。

 K-S1の上位モデルだそうで、、デザインはやや保守的です。もちろん、カラバリも用意されいます。


  こちらがpentaxplusにアップされた動画、30秒バージョンです。

 防塵防滴と、バリアングルをフューチャーしたものになっています。

S0021357S0030458

 同時に、沈胴式でコンパクトで41mmを実現し、非球面レンズや異常分散レンズを採用した、高画質設計になっています。もちろん防塵防滴仕様。

 これまでの非力な標準ズームに代わるレンズの登場のようです。価格は3万円台。

 ペンタさんは色々やってくれますね。

 AF210FGは上下の首ふりでバウンスもできて、こちらも防塵防滴。新しいストロボは同調も改善されているようです。

 CP+では見所満載ですね(^ ^vぶぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

動画による「Pentax K-3 FluCard Tethering Demo」

 PentaxForumsからFluCardのデモがYouTubeにアップされました。

 淡々とテザリングの動作を動画で示しています。

 元記事はこちら

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

K-3 トークライブ 東京

 

台風の雨の中、K-3トークライブに行ってきました(^^/

Imgp8022_1
 会場は地下で、エントランスが狭いので、一階のエスカレーター前で整理券を配ってそこで待たされます。

 台風の雨の中でしたが、ペンタの発表会はよく天気が荒れるかんじ・・・(^^ゞ

Imgp7745
  タッチアンドトライコーナーで。レンズはDA18-135です。

 残念なことに「FLUCARD」は会場になくて、タブレットやスマホでのデモはできませんでした。

 また、新しいストロボも展示はなく、ここの裏に置いてあるだけで、しかも1台は電池切れでした(^^ゞ

 もちろん、カタログもありません・・・帰りにヨドバシでアクセサリーカタログをもらってきました(^^ゞ

 ヨドバシでは、K-3の予約がたくさん入っているそうです。

Picofc1
 「FLUCARD」ですが、本体にWifiを搭載しなかったのは、世界各国で電波状態や許認可も違うので、いちいちカメラの設定や認可をとらなくてもいいよううにというのが、理由だそうです。

 カメラとのやり取りはアプリではなく、ブラウザーで見るということになっているそうです。アプリだと、OSのアップデートにあわせていちいちアップデートが必要だからだそうです。

 したがって、Wifiでスマホやタブレットに飛ばすのではなく、画像はカメラにあって、タブレットやスマホにはブラウザーでダウンロードする形になっているそうです。

 比較明合成もできるようになって、ノートPCで見ることを考えればWindowsにも対応して欲しいと要望しておきました。

 ただ、PKTetherがK-3に対応すれば、それでOKですけど。

 まだ、正式な発売日も決まっていなくて、トークライブが終わって、月曜日から銀座と新宿でK-3に触れるそうですが、「FLUCARD」は用意できないそうです。

 触るという意味では、一番の目玉だと思っていたのに残念です。

Picaf540fgzii AF540FGZⅡ Picaf360fgziiAF360FGZⅡ
 ついでに、ストロボですが、動画用とAF補助光用にLEDを搭載して、540FGZⅡはサイドがすっきりした感じですが、360FGZⅡはやや大振りになった感じ。

 樹脂製の白いキャッチライト板がなくなっていました。また、540FGZⅡは外部電源のパワーパックもなくなりました。

続きで、詳細を。

続きを読む "K-3 トークライブ 東京"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

CP+ペンタックスインタビュー

 遅きに失した感もありますが、ご紹介していなかったので、ご勘弁を・・・(^^ゞ

 ペンタックスの広報の川内さん等が"PentaxForums.com"のインタビューに答えているものですが、『フルサイズのことを聞かれるのはメディア、特に海外のメディア』というものになりますか・・・(^^ゞ

 最初に、やはりお約束でしょうか、フルサイズ(フルフレーム)について聞かれています。

「フォトキナの時にはやるべきか、やらないべきか迷っていたが、
 今は社内でもやらなきゃならないなと思っています。
 社内にも、やらないほうがいいという意見も多かったが、
 今では、多くの者が、やることに前向きになっている。
 今年の時点でも仕上げておりましたけれど、技術開発自体はは進めておりまして、
 それがだいぶ進展してきている状態です。
 小型軽量化は必要不可欠と思っているが、それプラス何かが必要だと思っている。」

などと答えています。

 そのほか簡素なK1000や、新しい首振りのAF360FGZIIやk-7以降のストロボの制御バグのこと、オートフォーカスナンバーワンを目指して開発陣に指示していること、MX-1、K-01、GRX、GR、645D後継、エントリークラスについて、などなど聞かれます。

 また、K20Dでとまっているオフィシャルテザリングについて、要望は少ないが検討はしていることなど、答えています。

 質問が英語(字幕)なので判りづらいこともありますが、いろいろとペンタのことがわかるのではないでしょうか。


 

 おまけに、ナレーションはありませんが、CP+のペンタのブースの様子が、きれーなおね~さんとともに、アップされています(^ ^vぶぃ

 

元記事はいずれもこちらこちらです。

今日はこれだけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

K-5IIトークライイブ

Imgp7183
 k=5IIトークライブに行ってきました。2日目ですが、私事ながら、この日のために、昨日、車で1000kmを走って駆けつけました。くたびれた・・・(^^ゞ

 こちらはタッチアンドトライのコーナーです。午前中は人もまばらで、じっくり触ってきました。とはいえ、ローパスレスなどは触っただけではわかりません。K-30から搭載されたというAFエリア拡大、エアギャップレス液晶などを見てきました。AF-Cのエリア拡大では、カメラのほうを回してみましたが、よく追随しているようです。中心から外れても、距離や模様のパターンを頼りに追随しているのだとか。液晶を見比べてみましたが、いつからなのか、ホワイトバランスが良くなっているのと、見やすい液晶には感心しました。

Imgp7163
 こちらは、話題の暗所体験コーナー。田中さんによるとここが0EVの環境なんだとか。肉眼でも良く見えない、暗いところの黒っぽいミニカーでもすばやく合焦するのには驚きました。ほかにはくらげの水槽と、列車の回っているジオラマがおいてありまた。向こうから来る列車にもよくピントが追従していました。確かISO32000に設定してあったようですが、その割にはノイズも少ないようです。

Imgp7179
 これはK20Dですが、白いミニカーに10回に一回ぐらいしか、ピントが合いません。実は、前回のアマゾンのスリングバックは明るいところでも黒いバッグにピントが合わずに、苦労しました(^^;

 K-5IIはこの写真のおくの黒っぽいミニカーよりもっと黒っぽい車にらくらくピントを合わせるのにはちょっとびっくりしました。AFスピードは速いですが、K-30のときほどにの感激はありませんでしたが、ペンタもやればできるじゃないかと言っておきました(^^ゞ

Af
 これが、中央のF2.8光束対応のAFセンサーの模式図です。このコーナーに設計をされた方がいて伺いました。F2.8光束対応は両端にラインセンサー、F5.6光束のセンサーはクロスセンサーになっています。詳しくは田中さんのトークライブで。

 K-30からAFが早くなったと感想を述べたら、K-30ではAFセンサーはそれまでのものだが、光学系は新しいものに、K-5IIではすべて新設計です、とおっしゃっていました。その際、ノイズとの区別を高速で行うなどソフト面も改良されているんだとか。
 営業などの良く知らない人を配置すると、わからないときはこうしてエンジニアを呼んできてくれるので、こんな面白い話も聞けたりします(^^v

 ただ、用意されたカメラがDA18-135F3.5のつけてあるもので、F2.8センサーの威力は発揮されませんので、DA★55F1.4を持ってきてもらって、付け替えました。このカメラにはこのレンズを使ってほしいというメ-カーの意図だとか。ちょっとおかしいよね。

 なぜ、高価な部品のローパスフィルターがないのにK-5IIsほうが高いのか、聞いてみました。調整に時間と手間がかかるのと、K-5IIs のほうが売れないと考えていて、量産効果がないと考えているのだそうです。
 私はこのカメラを買うようなマニアはK-5IIsのほうを買うので、sのほうが売れると思いますよ、と、言っておきました。いつか集計して、どちらが売れているか、発表してくださいとお願いしておきました。

 気になったので、帰りにヨドバシに寄って予約状況を聞いてみましたが、やはりsK-5IIsのほうが圧倒的に予約が多いそうで、、この話をしたら、お店の方も信じられないという様子でした。
 欲望に打ち勝って、ようやく予約しないで買えることができました。

 あちこちで、ローパスレス・フルサイズをお願いしておきました。上層部から、「検討している」から「前向きに検討している」とアナウンスしてよいとお達しがあったそうで、フルサイズ発売に一歩近づいて言うようです(^^v 

Imgp7430 Imgp7435

 ちなみに今回の戦利品。今回も何もないですが、ペンタックスファミリーの機関紙がおいてありました。

続きは、展示してあったレンズなどを。

 

 

 

続きを読む "K-5IIトークライイブ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

街の夜明け

 朝早くおきたら夜明け前の街が広がっていました。

K20D+DA40F2.8Limited
Imgp0020

 これから始まる街の喧騒を前に、静かに夜の明けるのを待つ街のたたずまいです。

Imgp5447
 さて、K20Dの修理があがってフォーラムに取りに行ってきました。ペンタ部にあるストロボを制御するサブ基盤を交換したのだとか。ますます、新しくなっていく私のK20D・・・(^^ゞ
 
 K-7Limitedが限定版なのに、触れるように展示してあったのには驚きました。カッコいいですね。
 ところで、ペンタックスオンラインショップに出ている コントロールEというリモコン、現行の”F”とり前の型なんだとか。アウトレットでもなく定価で販売されています。今度、防水リモコンが出ますが、K-7ではカメラのほうでバルブの設定ができるんですってね、う~ん、ファームアップでK20Dでもなとかならないかな。

Imgp5449 Imgp5454
 一方、展示会場では645Dのタッチアンドトライコーナーができていました。丹地さんなどの撮影した、パネルが展示してありました。触り放題で、昨年から放置されているレンズロードマップに出ている「645ULTRA WIDE」レンズが参考展示してありました。焦点距離を聞いてみたら、まだ詳細は決まっていないのだとか。645Dでは、多重露出の設定が、OKボタンで保持されるようになっているんですね。K-7もそうなのか、確かめて見ればよかった。K-7はけっこう私の不満点が解消されていますね。よく完成されたカメラで、次が大変かもしれませんね。

Imgp5474
 アンケートを書いてもらった戦利品です。

今日はここまで。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

DA35macroLimiがデジカメグランプリだったんですね、ほか

istD+DA40F2.8Limited 
Imgp9800

  ご存知の方もあると思いますが、フォーラムのウインドウに賞状とともにDA35macroLimiが飾ってありました。古い話で恐縮ですが、昨年秋のAVレビューという雑誌主催のビジュアルグランプリの一部門としてデジカメグランプリが行われて、交換レンズ部門で金賞をとったそうです。大きな賞ではないのであまり話題にならなかったようですね。ビジュアルグランプリは見ていたのですが、デジカメグランプリは見逃していました。
 交換レンズ部門は9個の金賞が選ばれていて、各社それぞれ一台ずつとなにやら「大人な事情」のにおいも伺われます(^^ゞ

 ともあれ、標準レンズとしてもマクロレンズとしてもなかなかよくできたレンズではないかと思います。

 続きは明日2月20日にともに発売になるDA★55F1.4SDMやマクロストロボAF160FCの展示など。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

P-TTL対応マクロストロボAF160FC DA★55F1.4SDM

続きを読む "DA35macroLimiがデジカメグランプリだったんですね、ほか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

Pentax K-m触ってきました

 今日は新宿のペンタックスフォーラムに「PENTAX K20Dの世界」写真展を見に行ってきました。残念ながら、用を済ませてついたのが4時過ぎで、このときすでに次の展示の準備のために展示物の入れ替えをしていました、とほほ・・・

 何気なくカメラの展示を見ていると、噂の新製品K-mの実機が2台展示してあるではありませんか。これまで、ヨドバシより遅かったフォーラムにまさか実機があるとは思いませんでした。さすがにやる気になっているようです。

K20D+FA31F1.8AL Limited
Imgp3102
  こちらが展示機です。第一印象は「小さい」ですが、デザインがちょっと野暮ったくなったような気がします。少し角ばったデザインで、女性向けに開発したにしてはいまいち。あるいはシックなデザインなのかな。角ばった分、小さくても指の引っかかりはいいようです。

 電源も単3電池仕様なので、重いと思ったら、展示機はリチウム単3電池が入っていて、ちょっと、インチキのような気が。単3電池仕様の人は多くはニッケル水素電池を使うでしょうから、重くなる思います。専用のリチウムイオン2次電池にしたほうがよかったのではと思います。これまでの単3仕様にこだわりすぎたのでは。ちょっと思い切りが足らないようです。それでも、単3電源とボディ内手ブレ補正はペンタの特徴ですから、そこはしかたのないことなのかも。他社と似たりよったりでは、値下げ圧力もきつくなって売れてもコストが回収できないことになりかねないのかもしれません。

 後は色ですが、女性をターゲットにしたなら、黒はやめて最初からシルバーにしたほうがよかったのでは。ピンクやブルーも考えたほうがよかったかも。

 これまでと違う点は、AFポイントが5点になって中央かオート化しか選択がなく、スーパーインポーズも省略されています。 レリーズソケットもなくリモコンだけです。背面は省略されています。ダイアルが省略されていていますが、「?」マークのヘルプボタンはいいと思いますが、液晶に表示される文章が長いので、どこまで理解されるかどうか。

 画作りでは、ダイナミックレンジ拡大に加えて、これまでになかったシャドー補正が追加されました。これは実際写真を撮ってみないとわかりませんが、これからの機種には追加される機能でしょう。

 レンズはマウントもプラして軽量化とコストダウンがはかられていますが、それでもまだでかいですね。品番のプレートもシールになっていました。パンフにはDA40のパンケーキをつけた写真が出ていますが、採算にあうかどうかわかりませんが、パンケーキのような標準ズームを開発すると、小ささも際立つと思います。

 コンパクトで高性能はペンタが本来やらなければならなかった分野ですが、狙いはいいですが、後発でこれから実際に売れるかどうかは、わからないところでしょう。発想を変えて、カメラ雑誌の広告はやめて、たとえば、「ひよこ倶楽部」のようなところに広告を打つといいかもしてません。あるいは、保育園でキャンペーンとか。いずれにしても、このカメラが売れて、フルサイズの開発に弾みがつくといいと思います。

 ちなみに、値段は6万4千円ぐらいになるそうです。598にならないのはコストがぎりぎりなのだとか。そのうちキャッシュバックキャンペーンもやるのでしょう。

Km01_900
  こちらがK-mのパンフレット。続きは後ほど。

 フォーラムでK-mのアンケートをしていたので、そんなことを書いておきました。アンケートのお土産はフォーカルのレンズ拭き機能付きストラップでした。

Imgp3103
  こちらが展示換えが終った「PENTAX K20Dの世界」写真展です。

続きもPentax K-mです。パンフレットをご紹介します。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

ペンタックスK-m10月下旬発売PentaxK-m10月下旬発売

 

続きを読む "Pentax K-m触ってきました"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

花形フード

 先日の花火大会でFA☆24のフードをなくして、探していました。ペンタックスにも、ヨドバシ、ビックにも他のカメラ屋さんにも問い合わせたのですが、もう在庫がありません。そんな中で、ねじ込み式の花形フードを売っているのを見つけて、注文してみました。DiscoverPhotoというお店で67mmが1,380円で、普通郵便で送料コミで1,520円でした。ヤフーオークションにも出品しているようです。

K20D+Fmacro50F2.8
Imgp1803_2

  早速付けてみました。一応、さまになっているようです。広角側が24mmまでOKということで、ちょうどよかったと思います。APS-Cなら十分けられもありません。ストッパーのネジがついていますので、花形がずれることもないようです。しかし、ネジ山の精度が悪いようでなかなかうまくはまってくれません。 いつかネジ山がだめになりそうな予感がします。製造メーカーや場所などの表記もなく説明書などもありません。フィルターのネジ山が浅いので、フィルターをはずして付けています。とりあえず安心です。

Imgp2347_2 Imgp1798_2
 こちらが元の純正のフードです。取り付けるときとしまっておくときとで逆になっていて、変っていたのでいつかなくすような予感がしていました。純正のフードに比べ上下が深く、左右が浅くなっているようです。このまま付けられるキャップとセットも扱っていましたが今回は必要ないのでパスしました。

今日はこれだけ。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

*istD | 645D | 645Z | A080c | A2×-L | A50F1.7 | AF080c | AF160FC | AF201FG | AF360FGZ | AUTO REVUENON 45mm F2.8 | CM | CP+ | DA17-70F4AL[IF]SDM | DA18-135F3.5-5.6ED AL[IF] DC WR | DA35F2.8macroLimited | DA40F2.8Limited | DA55F1.4SDM | DA★200F2.8ED[IF]SDM | DA★55F1.4SDM | DFA Macro100F2.8 | DFAmacro50F2.8 | F50macroF2.8 | F70-210F4.5-5.6 | FA31F1.8AL Limited | FA35F2AL | FA43F1.9Limited | FA50F1.4 | FA77F1.8Limited | FA☆200F2.8ED[IF] | FA☆24F2AL[IF] | FA☆300F4.5ED[IF] | FA☆80-200F2.8ED[IF] | FA☆85F1.4ED[IF] | FluCard | GIFアニメ | HD PENTAX-DA 18-50mmF4-5.6 DC WR RE | HDR | Industar50F3.5 | istD | K-01 | K-3 | K-30 | K-5 | K-50 | K-5Ⅱ | K-5Ⅱs | K-7 | K-m | K-r | K-S1 | K-S2 | K-x | K10D | K20D | KenkoMacroTereplusMC7 | KenkoPzAF2XTeleplusMC7 | M135F3.5 | M200F4 | MC COSINON-S40F2.5 | MC RUBINAR 1000mm F10 | MX-1 | PDCU4 | PENTAX Q10 | PENTAX Q7 | pentaxQ | PIE | ReflexZoomm400-600F8-F12 | REMOTE Assistant | smcM200F4 | smcM40F2.8 | smcTakumar105F2.8 | smcTakumar135F3.5 | SMCTakumar55F1.8 | SuperTakumar150F4 | SuperTakumar55F1.8 | TAMRONAF28-75F2.8XRDi | XR RIKENON135F2.8 | XR RIKENON28F2.8 | XR RIKENON28F3.5 | XR RIKENON45F2.8 | XR RIKENON50F1.7 | XR RIKENON50F2 | XR RIKENON55F1.2 | YouTube | 「貧乏マクロライト」 | おすすめサイト | お散歩写真 | くじら | ふぐ | アクセサリー | イベント | イルミネーション | オブジェ | オーディオ | オーディオ・ビジュアル | オートバイ | カメラ | キノコ | グルメ・クッキング | コンパニオン | スイーツ | スナップ | スポーツ | ソフト | テレビ番組 | トンボ | ニュース | パソコン・インターネット | フォトコンテスト | ヘビ | ペンタックス | ペンタックスセミナー | ポートレート | マクロ | モノクロ | モータースポーツ | ライトアップ | リアコンA2X-L | レタッチ | レンズ | ワイン | 写真 | 写真展 | 動物 | 動画 | 地図窓 | | 夕日 | 夕焼け | | 夜景 | 富士山 | | 年賀 | 接写リングK | 文化・芸術 | 新幹線 | 新緑 | 旅行・地域 | 映像 | 映画・テレビ | 曼珠沙華 | 月、星 | | 森・林 | 機材 | 歴史 | | 水草 | | 温泉 | | | 爬虫類 | 石仏 | | | 紅葉 | 美女 | 育児 | | 花火 | | | 蜘蛛 | | 街角 | 趣味 | | 車と美女 | 野草 | 金環食 | 釣り | 鉄道 | | | | 音楽 | | | | FisheyeTakumar18F11