2013年11月 3日 (日)

中井精也 トークライブショー

Imgp8039
 中井精也さんのトークライブショーに行ってきました。リコーイメージングスクエア新宿が会場です。

 会場は、まさに立錐の余地のないほど盛況で、クーラーが効いているのに、中井さんと会場の参加者の熱気で、気温も上昇していました。

 お二人のお子さんと一緒にいらしていました。こちらはお嬢さんのひなのちゃんです。

 内容は先日の秋葉原でのトークライブと同じですが、時間の余裕もあるので、さらにリラッックスされていて「中井節」全開でした。
_900_4 Imgp8023
  こちらは通常の展示会場風景です。

Imgp8056
 最後のスライドショーに、今年の夏にGRのイベントで使用された、いつか大きくなって離れていくだろうひなのちゃんへの愛情あふれるスライドショーが上映されました。_900

_900_2
 こちらは、会場で配られていた、今回の写真展の撮影データです。

 会場の写真も撮影OKで、もちろん中井さんも肖像権を設定していないので、どんどんアップしてくださいと、おっしゃっていました。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

「東京意匠」~木下修 写真展


 私の友人の木下修さんの写真展「東京空間」が開かれます。
_f_900_2
 会期は10月4日から10日まで。新宿御苑そばのギャラリー「シリウス」です。 興味のある方はぜひご覧ください。

アクセスはこちら
_b_access_800

なお、このたび木下修さんの写真集「東京変奏曲」も発売になりました。こちらもよろしく。
 

木下 修

所属団体:日本写真協会、光塾(岡井 輝毅氏主宰)
岡井 輝毅・中谷 吉隆両氏に師事

1947年 兵庫県生まれ
2001年 個展「憧憬のヒマラヤ-イムジャッツェ登頂」(ニコンBisサロン)
2003年 個展「路地伝説」(コンタックスサロン)
2005年 個展「道の先を曲がると」(コンタックスサロン)
2005年 個展「水田に出現した異空間-アーバンみらい-」 (ペンタックスフォーラム)
2007年 個展「山あいの城下町」 (コンタックスサロン)
2008年 個展「東京空間」(JCII クラブ25)
2008年 個展「東京異彩」(コンタックスサロン)
2010年 個展「東京電線」(HLCフォトギャラリー)

木下修ホームページ 木下修写真館「光と影」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

写真展のご案内

 以前にもご紹介したこのとある、友人の木下修さんの写真展が、来る11月18日より、新宿御苑近くの「HCLフォトギャラリー新宿御苑」で開かれます。興味をもたれた方は、ぜひ、ご覧ください。

001

木下修 : 日本写真協会、光塾(岡井輝樹氏 主宰)

ホームページ :「光と影」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

BS-TBS にっぽん鉄道写真の旅2

Tetu_2

 前回は放送直前に気がついたので、お知らせできませんでしたが、中井精也さんも参加れされた前回の「にっぽん鉄道写真の旅」が好評だったらしく、BS-TBSで3月7日(日)23時から第2弾が放送されます。今回は中井さんは小湊鉄道、いすみ鉄道、内房線だそうです。ちなみに前回は中井さんは大井川鉄道でした。もう一方は、山﨑友也さんです。

  中井精也さんには、フォーラムで写真展を開かれたおり、少しだけですが、親しくお話を伺う機会があり、斬新な写真の視点や、「回転流し撮り」(私が勝手に付けた名前ですが、たぶんそれであっていると思いますが・・・(^^ゞ)などの独自のテクニックについて教えていただきました。そのときの写真の中でも、九州新幹線「ツバメ」のマークが流し撮りで緑の中に飛ぶように表現された写真は、まるでツバメが本当に飛んでいるようで、鉄道写真のジャンルを超えた表現のすばらしさに、今でも目に焼きついております。残念なのは私が「鉄っちゃん」ではないことですが、あるいは、それだからこそよけいに、中井さんの写真のすばらしさが際立ってくるのかもしれません。
 また、最近では「ゆる鉄」というジャンルの鉄道写真を撮っておられて、ペンタのカスタムイメージ「ほのか」などにも興味を示されているようです。

 今は、メイン機がニコンになっていますが、昔はもっぱらペンタをメイン機にご活躍されていました。前回の放送ではビスコのストラップの付いたベージュのK-xも披露されていました。このビスコのストラップに合わせてボディカラーを選ばれたのでしょうか。いいですね。ニコンをメイン機にされて、ますます、お仕事も広がっておられるようです。

にっぽん鉄道写真の旅2  BS-TBS  10/3/7(日) 23:00~24:54

 ちなみに、YouTubeで中井さんを見ることができます。今回は「トークライブ K-7で一日一鉄!」と「ゆる鉄発売記念トークライブ」のさわりをアップしておきますので、興味のある方はYouTubeで続きをご覧ください。「 K-7で一日一鉄!」は続きで続編をアップしておきましたので、よければご覧ください。

YouTubeトークライブ「K-7で一日一鉄!」(1/8)

YouTube  ゆる鉄発売記念トークショー(1/9)

1日1鉄 一日一鉄!

 

Fukei_1

 また同じくBS-TBSでは「【にっぽん百景】風景芸術家と巡る日本の美 」という番組も始まります。その第一回に風景写真家の大家、丹地敏明さんが登場されます。

#1「写真家丹地敏明 日光編」 (’10年03月08日放送)

こちらも楽しみですね。 

 また、それに関連してでしょうか、3月5日から富士フィルムフォトサロンで3月14日からは日光市、杉並木フォトサロンで写真展「知られざる日光」~出会いの一瞬~が開かれます。

 丹地敏明さんは風景写真の大家で、風景の中の水辺をテーマにされています。ペンタユーザーでもあります。 

 今度のCP+では645デジタルの発売に合わせて、ペンタの会場で毎日トークライブがおこなわれると教えていただきました。丹地さんの撮った645デジタルのすばらしい写真を見ることができると思います。お出かけされる方はお見逃しなく。

 私は、一度、ペンタックスフォーカルでトークライブを拝見させていたいたことがあります。そのとき強く印象に残っているのが「絵葉書写真はいい写真」と「日の丸構図を恐れるな」ということでした。そのときはデジタルはどうですか、との質問に、「デジタルでも紙焼きして作品に仕上げなさい」と「デジタルで100万円なら、フィルムを100万円買ったほうが・・・」とおっしゃっていました。

丹地敏明オフィシャルブログ

続きはYouTube トークライブ「K-7で「一日一鉄!」の続編です。

続きを読む "BS-TBS にっぽん鉄道写真の旅2 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

写俳展のお知らせ

_1 _2_2
  先日写真と俳句のコラボをアップしましたが、写真俳句展の知らせです。6月30日から日比谷公園で「写俳展:緑と水の命の暮らし展」が開かれます。秋山庄太郎さんや浅井慎平さんなどの招待参加もあるようです。よろしければご覧なってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

K-mホワイトは売り切れです

 別に目新しい情報でもありませんが、K-mホワイトが予約完売だそうですね。世界で3000台限定、たしか日本では500台だったと思いますが、人気があるようですね。

ist*D+DA40F2.8Limited
Imgp9787
  こちらはフォーラムの外のウインドウに展示してあるK-mホワイトです。ペンタックスは限定版のカメラが昔から好きでいろいろ出してきましたが、私も嫌いではありません(^^ゞ

 

Imgp9196_1
 これまでには金ぴか鰐皮張りののLX GOLDのほかに漆塗りの645JAPAN(漆はJapanです)などを思い出します。ピンクやブルーなんてフォーラムのアンケートに書きましたが、先日K10Dのグランプリ受賞記念にでた輪島塗のマウスパッドもあったので輪島塗りのカメラもいかがでしょう(^^/

 この日は、先日鳥さんを撮りに行ってその時シャッター音が変なのでK20Dを点検してもらいにフォーラムに出かけてきました。結果は異常なしでしたが、そろそろ保障期間の1年も来るのでシャッターは基幹部品なので、とりあえず安心でしょうか。

 まもなく発売予定のDA★55mmF1.4の実機が展示でもしてあるかとひそかに期待していたのですが、影も形もありません。 1月発売の予定ですが、まもなく1月も下旬になろうとしているのに、フォーラムにも情報が降りてきていないらしく、情報の遅いフォーラムでもちょっと心配です。ひょっとしたら1月発売は・・・・とフォーラムでも気をもんでいるようです。

 DA★55F1.4SDMは2月20日に発売が決定しました。やっぱり1月はなかったんですね。従来のコーティングより透過率の高い『Aero Bright Coating(エアロ・ブライト・コーティング)』が採用されていて、ペンタ初の円形絞りで美しいボケが期待できるそうで、楽しみです♪

 DA★60-250も延期になっていますが、こちらは部品の調達がままならないそうでそのせいで延期になっているようです。詳しく聞いてみると、ナント!レンズの硝材の調達が難しくなっているようで、HOYAに吸収されたのにどうしてなんでしょう。そんなに凝った硝材を使ってるのなら期待もできるのですが・・・どうなんでしょうね・・・

続きもフォーラムのK-mホワイトです。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

続きを読む "K-mホワイトは売り切れです"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

Pentax K-m触ってきました

 今日は新宿のペンタックスフォーラムに「PENTAX K20Dの世界」写真展を見に行ってきました。残念ながら、用を済ませてついたのが4時過ぎで、このときすでに次の展示の準備のために展示物の入れ替えをしていました、とほほ・・・

 何気なくカメラの展示を見ていると、噂の新製品K-mの実機が2台展示してあるではありませんか。これまで、ヨドバシより遅かったフォーラムにまさか実機があるとは思いませんでした。さすがにやる気になっているようです。

K20D+FA31F1.8AL Limited
Imgp3102
  こちらが展示機です。第一印象は「小さい」ですが、デザインがちょっと野暮ったくなったような気がします。少し角ばったデザインで、女性向けに開発したにしてはいまいち。あるいはシックなデザインなのかな。角ばった分、小さくても指の引っかかりはいいようです。

 電源も単3電池仕様なので、重いと思ったら、展示機はリチウム単3電池が入っていて、ちょっと、インチキのような気が。単3電池仕様の人は多くはニッケル水素電池を使うでしょうから、重くなる思います。専用のリチウムイオン2次電池にしたほうがよかったのではと思います。これまでの単3仕様にこだわりすぎたのでは。ちょっと思い切りが足らないようです。それでも、単3電源とボディ内手ブレ補正はペンタの特徴ですから、そこはしかたのないことなのかも。他社と似たりよったりでは、値下げ圧力もきつくなって売れてもコストが回収できないことになりかねないのかもしれません。

 後は色ですが、女性をターゲットにしたなら、黒はやめて最初からシルバーにしたほうがよかったのでは。ピンクやブルーも考えたほうがよかったかも。

 これまでと違う点は、AFポイントが5点になって中央かオート化しか選択がなく、スーパーインポーズも省略されています。 レリーズソケットもなくリモコンだけです。背面は省略されています。ダイアルが省略されていていますが、「?」マークのヘルプボタンはいいと思いますが、液晶に表示される文章が長いので、どこまで理解されるかどうか。

 画作りでは、ダイナミックレンジ拡大に加えて、これまでになかったシャドー補正が追加されました。これは実際写真を撮ってみないとわかりませんが、これからの機種には追加される機能でしょう。

 レンズはマウントもプラして軽量化とコストダウンがはかられていますが、それでもまだでかいですね。品番のプレートもシールになっていました。パンフにはDA40のパンケーキをつけた写真が出ていますが、採算にあうかどうかわかりませんが、パンケーキのような標準ズームを開発すると、小ささも際立つと思います。

 コンパクトで高性能はペンタが本来やらなければならなかった分野ですが、狙いはいいですが、後発でこれから実際に売れるかどうかは、わからないところでしょう。発想を変えて、カメラ雑誌の広告はやめて、たとえば、「ひよこ倶楽部」のようなところに広告を打つといいかもしてません。あるいは、保育園でキャンペーンとか。いずれにしても、このカメラが売れて、フルサイズの開発に弾みがつくといいと思います。

 ちなみに、値段は6万4千円ぐらいになるそうです。598にならないのはコストがぎりぎりなのだとか。そのうちキャッシュバックキャンペーンもやるのでしょう。

Km01_900
  こちらがK-mのパンフレット。続きは後ほど。

 フォーラムでK-mのアンケートをしていたので、そんなことを書いておきました。アンケートのお土産はフォーカルのレンズ拭き機能付きストラップでした。

Imgp3103
  こちらが展示換えが終った「PENTAX K20Dの世界」写真展です。

続きもPentax K-mです。パンフレットをご紹介します。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

ペンタックスK-m10月下旬発売PentaxK-m10月下旬発売

 

続きを読む "Pentax K-m触ってきました"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

木下修写真展 「東京異彩」

 お友達の木下修さんの写真展のご案内です。先月の「東京空間」に続く「東京異彩」です。4月23日(水)から29日まで、有楽町のコンタックスサロンで開かれます。

Tokyo_for_dm_pdf_3 Cxtokyo_6
 木下さんは日本写真協会会員で2001年の「 憧憬のヒマラヤーイムジャツェ登頂ー」(ニコンサロン)をはじめペンタックスフォーラムでの2005年の「水田に出現した異空間 ―アーバンみらい―」などの作品展を開催し精力的に活躍されています。最近では「山あいの城下町」(コンタックスサロン)など。木下修ホームページ「光と影」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

木下修 写真展「東京空間」

 友人の木下修さんの写真展のご案内です。3月25日(火)~30日(日)まで。会場はJCIIクラブ25、日本カメラ博物館も地下1階です。お帰りに博物館にもいかが。アクセスはこちら

Tokyo_space_for_dm2_pdf2_2

 木下さんは日本写真協会会員で2001年の「 憧憬のヒマラヤーイムジャツェ登頂ー」(ニコンサロン)をはじめペンタックスフォーラムでの2005年の「水田に出現した異空間 ―アーバンみらい―」などの作品展を開催し精力的に活躍されています。最近では「山あいの城下町」(コンタックスサロン)など。木下修ホームページ「光と影」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

「山あいの城下町ー織田藩の町 丹波柏原ー」 木下修写真展

 今日6月27日から私の友人の木下修さんの写真展が銀座コンタックスサロンで開かれます。ご興味がおありの方はぜひ足をお運び下さい。

2007kinoshitaten_1 1947年2月 兵庫県生まれ
2001年4月 個展:憧憬のヒマラヤ-イムジャッツェ登頂-(ニコンBisサロン)
2001年5月号:日本フォトコンテスト誌口絵掲載「憧憬のヒマラヤ」
2003年8月 個展:路地伝説(コンタックスサロン)
2005年6月号:日本カメラ誌口絵掲載「道の先を曲がると」 
2005年6月 個展:道の先を曲がると(コンタックスサロン)
2005年7月 個展:水田に出現した異空間アーバンみらい- (ペンタックスフォーラム)
2007年6月 個展:予定 (コンタックスサロン)
所属団体:日本写真協会、光塾(岡井 輝毅氏主宰)
岡井 輝毅・中谷 吉隆両氏に師事

  現代写真人名事典 日外アソシエーツ2005年12月より抜粋

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

*istD | 645D | A080c | A2×-L | A50F1.7 | AF080c | AF160FC | AF360FGZ | AUTO REVUENON 45mm F2.8 | CM | CP+ | DA17-70F4AL[IF]SDM | DA18-135F3.5-5.6ED AL[IF] DC WR | DA35F2.8macroLimited | DA40F2.8Limited | DA55F1.4SDM | DA★200F2.8ED[IF]SDM | DA★55F1.4SDM | DFA Macro100F2.8 | DFAmacro50F2.8 | F50macroF2.8 | F70-210F4.5-5.6 | FA31F1.8AL Limited | FA35F2AL | FA43F1.9Limited | FA50F1.4 | FA77F1.8Limited | FA☆200F2.8ED[IF] | FA☆24F2AL[IF] | FA☆300F4.5ED[IF] | FA☆80-200F2.8ED[IF] | FA☆85F1.4ED[IF] | GIFアニメ | HDR | Industar50F3.5 | istD | K-01 | K-3 | K-30 | K-5 | K-50 | K-5Ⅱ | K-5Ⅱs | K-7 | K-m | K-r | K-x | K10D | K20D | KenkoMacroTereplusMC7 | KenkoPzAF2XTeleplusMC7 | M135F3.5 | M200F4 | MC COSINON-S40F2.5 | MC RUBINAR 1000mm F10 | MX-1 | PDCU4 | PENTAX Q10 | PENTAX Q7 | pentaxQ | PIE | ReflexZoomm400-600F8-F12 | REMOTE Assistant | smcM200F4 | smcM40F2.8 | smcTakumar105F2.8 | smcTakumar135F3.5 | SMCTakumar55F1.8 | SuperTakumar150F4 | SuperTakumar55F1.8 | TAMRONAF28-75F2.8XRDi | XR RIKENON135F2.8 | XR RIKENON28F2.8 | XR RIKENON28F3.5 | XR RIKENON45F2.8 | XR RIKENON50F1.7 | XR RIKENON50F2 | XR RIKENON55F1.2 | YouTube | 「貧乏マクロライト」 | おすすめサイト | お散歩写真 | くじら | ふぐ | アクセサリー | イベント | イルミネーション | オブジェ | オーディオ | オーディオ・ビジュアル | オートバイ | カメラ | キノコ | グルメ・クッキング | コンパニオン | スイーツ | スナップ | スポーツ | ソフト | テレビ番組 | トンボ | ニュース | パソコン・インターネット | フォトコンテスト | ヘビ | ペンタックス | ペンタックスセミナー | ポートレート | マクロ | モノクロ | モータースポーツ | ライトアップ | リアコンA2X-L | レタッチ | レンズ | ワイン | 写真 | 写真展 | 動物 | 動画 | 地図窓 | | 夕日 | 夕焼け | | 夜景 | 富士山 | | 年賀 | 接写リングK | 文化・芸術 | 新幹線 | 新緑 | 旅行・地域 | 映像 | 映画・テレビ | 曼珠沙華 | 月、星 | | 森・林 | 機材 | 歴史 | | 水草 | | 温泉 | | | 爬虫類 | 石仏 | | | 紅葉 | 美女 | 育児 | | 花火 | | | 蜘蛛 | | 街角 | 趣味 | | 車と美女 | 野草 | 金環食 | 釣り | 鉄道 | | | | 音楽 | | | | FisheyeTakumar18F11