2007年10月14日 (日)

カナヘビ

 今日は「カナヘビ」です。正式な名前は「ニホンカナヘビ」といい言うますが、へビの名前があってもトカゲの仲間で、日本で一番よく見かけることのできるトカゲです。昆虫や小さなクモを食べますが、自身も蛇や鳥に食べられたりしますが、特にモズの「ハヤニエ」と呼ばれる木に刺されいたりして目にすることもあります。

K10D+FA☆200F2.8ED[IF]
Imgp1061_2

  歩いていたら、急に草むらから飛び出してきました。口が開いているのか、赤い下あごかあるいは舌が見えるようです。FA☆200をつけていたので、とっさにシャッターを押しましたが、さすがになかなかの描写だと感心してしまいました。

続きも同じ子ですがカナヘビを。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

続きを読む "カナヘビ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

ミドリガメと

 今日は蓮の葉に上がってきた「ミドリガメ」です。アメリカ原産のミシシッピアカミミガメのことで夜店などでミドリガメとして売られています。飼われていた亀が脱走したり、飼いきれずに放されたりして野生化しています。このカメからサルモネラ菌に感染することが知られて、手放す人が増えたようです。日本の生態系にどんな影響があるかくわしくわかっていないようですが、「要注意外来生物リスト」に載っているようです。

K10D+FA☆200F2.8ED[IF]+A2x-L
Imgp1314

  泥がついているので甲羅の緑色はよくわかりませんが。アカミミガメの由来となった頭の両側の赤い模様がよくわかります。

続きも1枚カメです。 たぶんクサガメです。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

続きを読む "ミドリガメと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

グリーンイグアナ

 今日はグリーンイグアナです。爬虫類の嫌いな方はごめんなさい。もちろん飼育されているもので、照明が蛍光灯と暖房用の白熱灯で距離が近いのでホワイトバランスはむつかしすぎます。

K10D+DFAmacro100F2.8
Imgp0955
  爬虫類の肌の質感がよく出ています。ホワイトバランスはオートで撮って、現像時に調整してあります。

続きもグリーンイグアナ、アメリカドクトカゲもいます。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

続きを読む "グリーンイグアナ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ニホンヤモリ

 植木に水をやろうとしたら、何かいます。よく見たら「ヤモリ」です。これは普通に見られる「ニホンヤモリ」のようです。早速カメラを取りに戻り、とりあえずボディキャップ代わりにいつも着いているDA40mmの「パンケーキ」でパチリ。レンズを交換しているうちにどこかへいってしまいました。ストロボのAF補助光と発光でびっくりしたようです。

DA40F2.8Limited
Imgp8026

  ヤモリは野外ではなく、人家のすきまなどに住んでいます。気持ち悪いという人いるかもしれませんが、光に集まる昆虫などを食べるので「益」爬虫類といえます。昔から家の守り神として敬われてきました。
 手足の指は5本で、指にひだがあり吸盤の役目をしています。

 よく似ているのに、「イモリ」がいます。こちらは両生類で池などの水中に住んでいます。「アカハラ」が有名で、腹や体に赤い色があります。手足の指は4本です。

 しかし、写真なんか撮っていないで捕まえて飼って見たかった。

今日はこれだけ。

  にほんブログ村 写真ブログへ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

シマヘビ

 今日も蛇です。ひっくり返らないように願います。「シマヘビ(縞蛇)」です。こちらは大人のシマヘビ。

DFAmacro100F2.8
Imgp7369
   頭が見えません。この蛇は両生類や爬虫類が好きで、ねずみや鳥も食べますが、特に蛙が好きなようです。水辺で蛙を待っているんでしょうか。動きが早く、頭を撮りそこねました。
 青っぽい(オリーブ色とも言う)体に4本の縦縞があるのが特徴で、毒はありませんが、噛みつくことがあるそうです。

DFAmacro100F2.8
Imgp7371

  こちらが頭。私は、昨日のアオダイショウといい、結構可愛い顔してると思いますが、いかがでしょう。 蛙が来るのを待っているんでしょうね。

今日はこれだけ。

  にほんブログ村 写真ブログへ  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

アオダイショウの子供

 今日は変わったところで、ヘビの「アオダイショウ」の子供です。ヘビの嫌いな方はご覧にならないように。

DFAmacro100F2.8
Imgp7303

 野草を探して歩いていると、足元でがさがさと音がして蛇が横切って行きました。長さは50cmぐらいで、 結構歩くのは(?)早いですよ。とっさに写真を撮りましたが、AFの遅いペンタックスにしては一発で捕らえていました。
 
 これはアオダイショウの子供でマムシによく似た鎖模様があります。マムシとよく間違えられるようですが、マムシに似せた擬態で身を守っているとの説もあります。
 これからの季節はいろんな生き物に出会えますね。

 大人のアオダイショウは名前の通り青黒い色のヘビで2mから3mになる日本では大型のヘビですが、毒はなく、ねずみ、カエル、小さな鳥、卵など何でも食べます。
 卵は食べた後、肋骨を締めて割りますが、それが出来ないときは木など高い所から飲み込んだまま落下して割って消化します。
 そのため、昔は、陶器で出来た卵を売っていて、それをヘビに食べさせて鶏や卵などをヘビから守るための道具にしたりしました。つまり、それを食べたヘビが高い所から落ちて卵が割れずに自分が怪我をして、死んでしまうと言うわけです。

 人家の近くでも生息していて、私の小さいころ、寝ていて枕元にどさっと落ちてきたことがあります。近くに石垣があったのでそこに住んでいたんでしょう。親達もヘビに危害を加える事もありませんでしたね。

 ヘビは古くから、豊譲と、再生・復活の象徴で信仰の対称になってきました。農家などではねずみを食べてくれたりするので大事にされたり、脱皮したヘビの皮はお金がたまると珍重され、財布の中に入れたりします。特に関西以西では大事にされているようです。

今日はこれだけ。

  にほんブログ村 写真ブログへ  

続きを読む "アオダイショウの子供"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

*istD | 645D | A080c | A2×-L | A50F1.7 | AF080c | AF160FC | AF360FGZ | AUTO REVUENON 45mm F2.8 | CM | CP+ | DA17-70F4AL[IF]SDM | DA18-135F3.5-5.6ED AL[IF] DC WR | DA35F2.8macroLimited | DA40F2.8Limited | DA55F1.4SDM | DA★200F2.8ED[IF]SDM | DA★55F1.4SDM | DFA Macro100F2.8 | DFAmacro50F2.8 | F50macroF2.8 | F70-210F4.5-5.6 | FA31F1.8AL Limited | FA35F2AL | FA43F1.9Limited | FA50F1.4 | FA77F1.8Limited | FA☆200F2.8ED[IF] | FA☆24F2AL[IF] | FA☆300F4.5ED[IF] | FA☆80-200F2.8ED[IF] | FA☆85F1.4ED[IF] | GIFアニメ | HDR | Industar50F3.5 | istD | K-01 | K-3 | K-30 | K-5 | K-50 | K-5Ⅱ | K-5Ⅱs | K-7 | K-m | K-r | K-x | K10D | K20D | KenkoMacroTereplusMC7 | KenkoPzAF2XTeleplusMC7 | M135F3.5 | M200F4 | MC COSINON-S40F2.5 | MC RUBINAR 1000mm F10 | MX-1 | PDCU4 | PENTAX Q10 | PENTAX Q7 | pentaxQ | PIE | ReflexZoomm400-600F8-F12 | REMOTE Assistant | smcM200F4 | smcM40F2.8 | smcTakumar105F2.8 | smcTakumar135F3.5 | SMCTakumar55F1.8 | SuperTakumar150F4 | SuperTakumar55F1.8 | TAMRONAF28-75F2.8XRDi | XR RIKENON135F2.8 | XR RIKENON28F2.8 | XR RIKENON28F3.5 | XR RIKENON45F2.8 | XR RIKENON50F1.7 | XR RIKENON50F2 | XR RIKENON55F1.2 | YouTube | 「貧乏マクロライト」 | おすすめサイト | お散歩写真 | くじら | ふぐ | アクセサリー | イベント | イルミネーション | オブジェ | オーディオ | オーディオ・ビジュアル | オートバイ | カメラ | キノコ | グルメ・クッキング | コンパニオン | スイーツ | スナップ | スポーツ | ソフト | テレビ番組 | トンボ | ニュース | パソコン・インターネット | フォトコンテスト | ヘビ | ペンタックス | ペンタックスセミナー | ポートレート | マクロ | モノクロ | モータースポーツ | ライトアップ | リアコンA2X-L | レタッチ | レンズ | ワイン | 写真 | 写真展 | 動物 | 動画 | 地図窓 | | 夕日 | 夕焼け | | 夜景 | 富士山 | | 年賀 | 接写リングK | 文化・芸術 | 新幹線 | 新緑 | 旅行・地域 | 映像 | 映画・テレビ | 曼珠沙華 | 月、星 | | 森・林 | 機材 | 歴史 | | 水草 | | 温泉 | | | 爬虫類 | 石仏 | | | 紅葉 | 美女 | 育児 | | 花火 | | | 蜘蛛 | | 街角 | 趣味 | | 車と美女 | 野草 | 金環食 | 釣り | 鉄道 | | | | 音楽 | | | | FisheyeTakumar18F11