2012年6月 1日 (金)

メダカの赤ちゃん誕生


K20D+F50macroF2.8
Imgp6996
 メダカの赤ちゃんが誕生しました(^^
 睡蓮鉢でメダカを飼っているんですが、去年入れたクロメダカが今年卵を産みました。先週ぐらいから、おなかの下に卵を抱えるようになってきました。メダカは卵を食べてしまいますので、それを採卵して、100均のプラスティック容器に移し替えておきました。今週はじめからその卵から次々にメダカが誕生しています。この写真は、たぶん今日生まれた赤ちゃんです。大きさは2~3mmというところでしょうか。

K20D+F50macroF2.8
Imgp6996_1
 それをトリミングしてみました。おなかの赤いのは心臓でしょうか。

K20D+F50macroF2.8
Imgp6998
 何に入っているかというと、中華料理のレンゲです。そんなに大きなものではありません。生まれたてを卵から離すためにレンゲですくったので、写真に撮ってみました。

 3回ぐらい採卵したのですが、それまではおとなしく水面近くに近寄ってきた親メダカたちもさすがに隠れてでてきません(^^ゞ  それ以来、睡蓮蜂のアオミドロに生みつけた卵を採卵しています。卵は硬くてプチプチしているので、指でもむようにして採卵します。

 クロメダカは絶滅危惧種ですが、卵を食べるは子供を食べるはで、繁殖には困難があるようです。

 田んぼや用水路、公園の池などでメダカがいると思うと、よく似てはいますがそれらはほとんど「カダヤシ」という魚です。昔、蚊の駆除に導入されたそうですが、こちらは腹の中で卵を孵す卵胎生で、繁殖力もメダカより格段に強いようです。メキシコ湾に注ぐ川などにすむ外来魚です。名前の由来は文字通り「蚊絶やし」からです。
 私も昔、公園の池で採ってきて育てていましたが、ほうっておいてもどんどん増えます。

 水をバケツに入れてカルキ抜きをしているところに、ユスリカが大量に卵を生んだようで、幼虫の赤ムシが沸いてきましたので、それをすくってえさに与えていますが、同じ大きさぐらいで食べてくれるでしょうか 

 さて、卵が孵っているのはいいのですが、増えすぎたらどうしよう・・・(^^ゞ

今日はこれだけ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

ピュア・ホワイト

 今日は孔雀です。

istD+FA☆85F1.4[IF]
Imgp1022

  純白の孔雀が羽根を広げてくれました。真っ白な羽根にピュアなたたずまいを感じさせてくれました。

今日はこれだけ。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

ベランダビオトープ

 今日は「ベランダビオトープ」ですが、「ビオトープ」はドイツ語の合成語で生き物「ビオ(Bio)」と場所「トープ(Top)」からできているそうです。自立して生態系を維持しているところで、自然はそれ自体がビオトープですが、人間の周りで小さな自立した生態系をそう呼ぶようです。

 私のビオトープはもともと、睡蓮鉢にめだかを入れたものから始まって、めだかやえびたちが餌もやらずに持続して生きているところ、というほどの意味です。
 ビオトープというと何か大げさですが、今年の夏に、穴が開いて水漏れした水槽を追加して、これが「ベランダビオトープ」だな、と思ったところからです。

Imgp0907
  こちらが我が家の「ベランダビオトープ」です。夏に撮った写真ですが、秋めいてきたのでアップしておくことにしました。もともと、この睡蓮鉢から始まって、奥に今年追加した水槽が見えます。睡蓮鉢には姫睡蓮が植えてあるのですが、1年目に花をつけて以来植え替えもしましたがそれ以来花を咲かせてくれません。睡蓮鉢のむこうは台所で使っていたプラの洗いおけと洗面器です(^^ゞ 最初はミジンコを採ってきてめだかに与えていたんですが、ミジンコ繁殖用に追加したものです。えびを水路で採ってきて、多すぎたかなと思い、分けて飼っています。今年はこのえびについてきた4匹のめだかが子供を産んで増えはじめました。えびは春先は沼えびが多かったのですが、夏にはスジエビがやってきました。

 ホテイアオイは花は咲いてくれませんが、どんどん増えていて、増えすぎたものは肥料にして植木鉢に与えています。

 びっくりしたのは100円ショップの食パン入れも使っているのですが、洗面器など入れた覚えのないところで、エビがそちらにも移動して増えていることです。ジャンプでもしているのだろうか。あるいはこぼれた水にエビの幼生がいたのだろうか。ミジンコは2週間ぐらいでいなくなるのですが、まだほかの小さなプランクトンのような生き物が増え続けています。たまに、プランクトン入りの水を水槽のほうに追加して餌になる微生物が増えればいいなと思っています。

 「ビオトープ」というぐらいですから、餌はやりませんが睡蓮鉢は3年目ですが、えびもめだかも元気に生きています。餌はやらないといいましたが、実際は少しやっています。というのも、餌をやってめだかを集めて様子を見るためと、餌をやると人影を恐れなくなって、私が覗くと集まってきてくれるからで、基本的には自給自足の生態系です。

 後はトンボと小鳥がやってきてくれるといいのですが。そうはうまく行かないようで、カラスがやってきてしまい困ってしまいました。

続きも「ベランダビオトープ」です。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

続きを読む "ベランダビオトープ"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年6月15日 (金)

コサギ

 今日はコサギです。サギの中では小さいので小鷺。

K10D+FA☆200F2.8ED[IF]
Imgp0990
 コサギの特徴は頭の後ろの2本の長い飾り羽です。カッコいいですね。餌を探しています。

続きもコサギです。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

続きを読む "コサギ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

ハイマツとホシガラス

 今日は「ハイマツ」と「ホシガラス」です。ハイマツは「這い松」で、本州では森林限界と言われる高地の上に群生する松の木の仲間で、名前のように地面の上を這うように生えています。
 「ホシガラス」は羽の先が白くて、それが黒い体に点々と星のように白く見える事から名付けられ、特にハイマツの実が好きで、高山帯に生息しています。カラスの仲間ですが、少し小さいようで、飛び方もスイーと飛んでいて、都会のカラスのようにばさばさと飛んでいたり、威圧感もありません。

DFAmacro100F2.8
Imgp9863

  人に慣れていないので、あまり人を怖がる様子もなく、低空を飛んでいたり、近くでとまったりしています。
 この時も、道路の近くで飛んだりとまったりしていて、近づいたんですが、小石に足をとられ、大きな音がしたのでさすがに逃げられてしまいました。もう少し近づけたのではと、残念でした。

今日はこれだけ。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

メダカの赤ちゃん

 先日のメダカの卵がかえりました。たぶん、今日生まれたのだと思います。全部で3匹確認できました。産卵箱に移したのが2匹、睡蓮鉢に一匹泳いでいました。睡蓮の葉が茂ってきたので、睡蓮鉢の方はわかりませんが、産卵箱では、卵の中で目玉が見ますのでこれからベビーブームになると思います。

FA☆85F1.4[IF]+オート接写リングK1+2+3
Imgp68292

 トリミングしていませんのでわかるでしょうか。 お腹にまだ卵の名残をつけています。 珍しく、FA☆85に接写リングをつけて撮って見ました。

DFAmacro100F2.8
Imgp683322

  こちらはマクロレンズで撮って見ました。 お腹の卵の名残も見えますね。
 それにしても、貝(たぶんフネアマガイ)が発生しているようだ。ミジンコと一緒についてきたのだろう。

今日はこれだけ。

  にほんブログ村 写真ブログへ  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

オメデタ! メダカの抱卵

 野草ばかりでなく、今日はうちのクロメダカ君達です。 

 暖かくなって家の睡蓮鉢の黒メダカが抱卵していました。4匹が冬を越したんですが、2匹に抱卵していました。
 この4匹は去年の冬に餌もやらずにほったらかしにしていた4匹で、春に睡蓮鉢の掃除をしてみたら、元気に冬を越していたので、とてもたくましいメダカ達です。
 ん、ほったらかしにした私が悪いのか。(^^ゞ
 でも、最近は、出かける時に必ずミジンコ捕獲セットを持って出かけて、まめに「生餌」をあげています。今はとてもグルメなメダカ達です。(^^)/  

DFAmacro100F2.8
Imgp67472

 うーん、思ったより水面の反射はあるもんです。でもこのレンズ用の49mmのPLフィルターは持っていないので、しようがない。

DFAmacro100F2.8
Imgp67592

  こうしてお食事中なんでしょうか。また、ミジンコあげるからね♪
 
 メダカは水温が20°Cぐらいになると産卵します。産卵するとこうして卵をつけたまま泳いでいますが、そのうち、水草などに卵を産みつけます。去年も、抱卵したんですが、そのままほったらかしておいたら、いつの間にかなくなって、たぶん親に食べられたんでしょう。

 今年は、早速、親を捕まえて、卵を離して産卵箱に移してやりました。今年は孵化してくれるだろうか。 捕まえて見たら、1匹しか卵が見当たらない。もう少し探して見よう。

 家のメダカは、金魚屋さんや熱帯魚店によくいる「アカメダカ」ではなく「クロメダカ」です。環境省のレッドデータブックでは「絶滅危惧種Ⅱ類」に指定されています。でも、不正な方法で入手したんじゃないですよ。

今日はここまで。

  にほんブログ村 写真ブログへ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

*istD 645D 645Z A080c A2×-L A50F1.7 AF080c AF160FC AF201FG AF360FGZ AUTO REVUENON 45mm F2.8 CM CP+ DA17-70F4AL[IF]SDM DA18-135F3.5-5.6ED AL[IF] DC WR DA35F2.8macroLimited DA40F2.8Limited DA55F1.4SDM DA★200F2.8ED[IF]SDM DA★55F1.4SDM DFA Macro100F2.8 DFAmacro50F2.8 F50macroF2.8 F70-210F4.5-5.6 FA31F1.8AL Limited FA35F2AL FA43F1.9Limited FA50F1.4 FA77F1.8Limited FA☆200F2.8ED[IF] FA☆24F2AL[IF] FA☆300F4.5ED[IF] FA☆80-200F2.8ED[IF] FA☆85F1.4ED[IF] FluCard GIFアニメ HD PENTAX-DA 18-50mmF4-5.6 DC WR RE HDR Industar50F3.5 istD K-01 K-1 K-1MarkII K-3 K-30 K-3II K-5 K-50 K-5Ⅱ K-5Ⅱs K-7 K-m K-r K-S1 K-S2 K-x K10D K20D KenkoMacroTereplusMC7 KenkoPzAF2XTeleplusMC7 M135F3.5 M200F4 MC COSINON-S40F2.5 MC RUBINAR 1000mm F10 MX-1 PDCU4 PENTAX Q10 PENTAX Q7 pentaxQ PIE ReflexZoomm400-600F8-F12 REMOTE Assistant smcM200F4 smcM40F2.8 smcTakumar105F2.8 smcTakumar135F3.5 SMCTakumar55F1.8 SuperTakumar150F4 SuperTakumar55F1.8 TAMRONAF28-75F2.8XRDi XR RIKENON135F2.8 XR RIKENON28F2.8 XR RIKENON28F3.5 XR RIKENON45F2.8 XR RIKENON50F1.7 XR RIKENON50F2 XR RIKENON55F1.2 YouTube 「貧乏マクロライト」 おすすめサイト お散歩写真 くじら ふぐ アクセサリー イベント イルミネーション オブジェ オーディオ オーディオ・ビジュアル オートバイ カメラ キノコ グルメ・クッキング コンパニオン スイーツ スナップ スポーツ ソフト テレビ番組 トンボ ニュース パソコン・インターネット フォトコンテスト ヘビ ペンタックス ペンタックスセミナー ポートレート マクロ モノクロ モータースポーツ ライトアップ リアコンA2X-L レタッチ レンズ ワイン 写真 写真展 動物 動画 地図窓 夕日 夕焼け 夜景 富士山 年賀 接写リングK 文化・芸術 新幹線 新緑 旅行・地域 映像 映画・テレビ 曼珠沙華 月、星 森・林 機材 歴史 水草 温泉 爬虫類 石仏 紅葉 美女 育児 花火 蜘蛛 街角 趣味 車と美女 野草 金環食 釣り 鉄道 音楽 FisheyeTakumar18F11