« k-S2発表 同時にレンズとストロボも | トップページ | CP+2015行ってきました その2 「スターストリーム」モード »

2015年2月14日 (土)

CP+2015行ってきました

Imgp8482_2
 CP+2015に行ってきました。 こちらはリコーのブースです。

 今回は、金曜にもかかわらず、全体に人出が多めです。

 リコーのブースで今回最大の見所は2015年中に発売されると発表されたフルサイズデジタル一眼レフと、フルサイズ対応のFA70-200DFA150-450の2本のレンズですね(^^/

 昨年のフォトキナで「大口径望遠ズームレンズ」「超望遠ズーム」が展示されていましたが、今思えば、このフルサイズ用レンズのことで、着々と、フルサイズ発売に向けて準備がされていたんでしょうね。

 今回は、そんなことなど、リコーのブースと、他に気になったことなど続きでアップします。

Imgp8552
 今回の戦利品です。ペンタは双眼鏡の展示でもらったシールとセミナーを見てアンケートを書いてもらったカンバッチです。今回はやや小ぶりです(^^ゞ

 続きで会場の様子などを。

Imgp8366
 やはり、なんといっても今回の超目玉、フルサイズデジタル一眼レフのモックです。

 今まで、口を酸っぱくして「フルサイズ」と言い続けてきた甲斐がありました(^ ^vぶぃ

 大きさはK-3を一回り大きくして、巨大なペンタ部を載せた感じ。この巨大なペンタ部がフルサイズの存在感をアピールしています。

Imgp8363
 後姿。液晶がはみ出しているので、バリアングルでしょうか。ペンタ部を交換できるようにしてほしいという声もあるようですが、バリアングルではウエストレベルファインダーも必要ないでしょう。

 ペンタの方にこの話をしたら、ペンタ部の交換は、ロボットの組み立てのような面白さはあるかもしれないが、ミクロン単位の精度もあるので、無理おっしゃっていました。

Imgp8484

Imgp8486_2
 横から。

 レンズ担当の方になぜFA31Limiが付いているか聞いてみましたが、決めないうちにいつの間にかこれになっていたそうです。

 人気のあるレンズで、デザイン性もいいと思いますが、FALimiなら画角で言えば43mmですが、小さいのでボディの大きさが目だってしますのかも。

 現代のレンズでいえば、DA★55ではないでしょうか。

 価格は645ZとK-3の間ぐらいで売れる価格設定をして発売しますとのこと。印象では30万円台前半という感じか。

Imgp8351
 2階部分に望遠レンズと双眼鏡の展示。

 こちらはDFA★70-200です。付いているカメラはK-3です。

 AFは爆速。ペンタもやればできる子なんですね、と言っておきました。レンズ開発の方はにが笑い・・・。

 追加です。

 このレンズには、新しいアルゴリズムが採用されていて、それがAFの爆速に寄与しているそうです。

 K-3にはメモリーに余裕があるので、このDFAのアルゴリズムに対応したファームアップが予定されているそうです。

 ちなみに、逆に、これまでのカメラにはメモリーの余裕がないので、ファームアップは難しいようです。

 レンズに大口径のリングモーターは、スピードや停止の精度などのメリットがあり、開発、検討しているそうです。コスト的には大きく変わることは無いようです。

 レンズ開発の方に、FA☆、特に、85mmや200mmの、なめらかで輝くような味の画作りをお願いしておきました。その輝くような味は、ひょっとしたら収差なのかもしれませんが。

 冗談半分で、せっかくリコーになったので、リケノン50F2のハイコントラストでカリカリのレンズも出してくださいとお願いしてみみました(^^ゞ

Imgp8354
 せっかくのフルサイズレンズですから、LXを持っていって、つけてみました。絞り環のないレンズなので、最小絞りになって暗いのですが、広々としたファンダーを感じられました。

Imgp8383
 タッチアンドトライコーナーにあったDFA150-450にも持参のLXを付けて広々としたファインダーを見てみました。こんな人もいませんでしたが・・・(^^ゞ

 ヘリコイドはやや重めで、MFレンズのような印象です。シーリングが影響しているのだとか。

 Imgp8382_2
 今回発表されたK-S2と「沈胴レンズ」のDA18-50です。

 K-S2はK-S1の上級機で、K-3との間を埋めるラインアップです。一眼レフのラインアップも充実してきましたね。

 K-S1ほど光りませんが、スイッチを入れるとシャッターのリングが光ります。其の後ろにwi-fiボタンがあります。

 このカメラに搭載されている「スターストリーム」は比較明合成を、最初のほうから徐々に消して、流れ星のような写真が撮れる技術で、リコーの開発した技術だそうです。

やっとわかりました(^^ゞ

Imgp8381
 沈胴レンズは思った程薄くない。昔のエルマーなどの沈胴レンズはボディの中に「沈」していましたから。

 パンケーキレンズがあるので、薄いといわれてもピントこないが、比較してはいけないか・・・(^^ゞ

 3万円のレンズにしては、レンズやコーティングに力が入っているのでしょうが、マウントがプラなのはちょっと残念。

次回に、「超解像」などのあたらしい技術などを。

|

« k-S2発表 同時にレンズとストロボも | トップページ | CP+2015行ってきました その2 「スターストリーム」モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141181/61134677

この記事へのトラックバック一覧です: CP+2015行ってきました:

« k-S2発表 同時にレンズとストロボも | トップページ | CP+2015行ってきました その2 「スターストリーム」モード »