« CP+2014 セミナー編 田中希美男さん | トップページ | CP+2014 きれーなおね~さん編 »

2014年2月20日 (木)

CP+2014 セミナー編 河田一規さん

Imgp8245
 今日は、河田一規さんのセミナー編です。

 お題は、「K-3で撮るHDレンズの世界」です。

 続きで詳しく。

Imgp8249
 最初に、なぜか、フルサイズかAPS-Cか?というお話から。

 仮に、フルサイズで昔のレンズを使っても、「味」はともかく、解像度などの描写は劣ってしまう。

 逆に、昔のレンズをAPS-Cで使えば、中心の画質のいい、美味しいところをところを使えて、有利という話です。

 また、フルサイズ専用設計のレンズの場合は、フルサイズを使えば、フルサイズは生きてくる、というお話。

 ペンタックスでフルサイズを出せば、フルサイズ用のレンズも当然出すでしょう?

 なんかよくわからない、話・・・(^^ゞ

Imgp8250
 で、何が言いたいかといえば、ペンタックスには他社に比べても、APS-C対応のレンズが一番多いという話。

 う~ん、istDが出たときに、まったく新しいレンズがなかったことを逆に、懐かしく思います。

 それで、使い物になるレンズを求めて、LimitedレンズやFA☆レンズに走ったので、LimiteedレンズやFA☆レンズという、高画質なレンズがあることに、ユーザーが気づいてしまうという面白い現象が起きました。

  ペンタのフルサイズ待望する人には、このときのFALimiやFA☆レンズをフルサイズでしゃぶりつくしたい、という人もいるのではないでしょうか。

 時代は変わった・・・(^^ゞ

Imgp8251
 それで、HDコーティングでリニューアルされたHD DA Limitedレンズのお話です。

 削りだしのボディで、レンズを持つ喜びや、撮影のモチベーションもあがるレンズ。小さくて、たくさん持ち運べる、など。

Imgp8253
 房総で撮影された、新しい20-40Limiから。

 ズームも2倍で、明るさもそこそこで、設計に無理がなく、、描写もいいと。

 私としては、近い焦点距離のレンズもあって、このズームが必要かどうか、わかりません。

Imgp8256
 これは、河田さんの自作アクセサリー。

 マウントキャップ同士をテープで止めて結合し、すばやく、キャップもなくさずにレンズの交換ができるグッズに仕上がっているそうです。

 面白いですね。

Imgp8261
 これは、周辺光量落ちの修正を逆に使い、ビネッティングをわざと出して、写真の雰囲気と被写体に集中させる効果を狙っているとか。

 私も、わざとこういう使い方をしますが、話を戻せば、フルサイズでレンズを使えば、自然とこんな描写になったりしますけど・・・(^^ゞ

 70Limiを例に、Limitedレンズはボケが独特で、2線ボケというわけではないが、特に前ボケがざわついた感じにもなるということも。

 今日はここまで。次回、お待ちかねかどうか、「男はばかですね」シリーズのきれーなおね~さんたちを(^^/

 

|

« CP+2014 セミナー編 田中希美男さん | トップページ | CP+2014 きれーなおね~さん編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141181/59168600

この記事へのトラックバック一覧です: CP+2014 セミナー編 河田一規さん:

« CP+2014 セミナー編 田中希美男さん | トップページ | CP+2014 きれーなおね~さん編 »