« K-3 トークライブ 東京 セミナー編 田中希美男さん | トップページ | K-3 トークライブ 東京 セミナー編 中井精也さん »

2013年10月30日 (水)

K-3 トークライブ 東京 セミナー編 吉村和敏さん

今回は吉村和敏さんです。

Imgp7798
 ごらんのようにお題は「K-3で写す ヨーロッパ・アジ紀行」です。「イタリアの美しい村」がテーマのイタリアと、初めてのヴェトナムだそうです。
  

続きで詳細を。

 

Imgp7803
 まずは、今回お持ちになった機材です。

 黄色いハイライトのレンズは、今回ほとんどこの2本を使ったそうです。また、DA★60-250はいいレンズだとおっしゃっていました。

 バッテリーもレリーズケーブルも3本づつ持っていったそうです。ケーブルはなくしたり断線したりで、「大人買い」するそうです。

 バッテリーの持ちはよくて、一日撮影して、夕方まで持つそうです。

Imgp7807
 こちらは、吉村さんの設定一覧です。

 デジタルカメラは基本ISO400だそうです。露出補正はー0.3、撮影はいつもブラケットだそうです。そうすれば、露出をはずしてもどれかは生きてくるからとおっしゃっていました。

 撮影の設定はホワイトバランスはAWB。画質は鮮やか。色空間はAdobeRGB、これは後でPhotoshopで画像処理するためとおっしゃっていました。

 前後ダイアルは設定しないそうです。間違いをなくためだそうです。

 Imgp7826
 こちらはブラケットの設定画面の拡大部分。

Imgp7814
 こちらはイタリアでのスナップ。イタリア人は割りとシャイなところがあるそうで、すばやく撮らないと新聞で顔を隠したりするそうです。

Imgp7834
 こちらは吉村さんのテーマの一つマジックアワー。日が沈んでから、空が暗くなるまでの時間です。

Imgp7842
 こちらは吉村さんがブルーモーメントと言われるテーマで、マジックアワーの後に続く、空が暮れていってブルーになる時間帯のことです。マジックアワーの中にブルーモーメントがあるともおっしゃっています。

 会場のプロジェクターは優秀でしたが、こんな写真では雰囲気だけでも感じてください。

Imgp7850
 こちらは月刊「カメラマン」11月号に掲載されたヴェトナムでのブルーモーメントの写真。

 レンズはDA★60-250だそうです。ここではわかりませんが、K-3で屋根の解像がすばらしく、このレンズもいいレンズだとおっしゃっていました。

 三脚でSRオフと言われているが、風などの揺れなどがるあるので、今ではSRオンで撮影しているそうです。その方が鮮明に撮れるとおっしゃっていました。

Imgp7851
 こちらは関西のJTBパンフレット「旅物語」の表紙です。今回のベトナムで撮影した2500枚を渡して採用された一枚だそうです。

 今回の撮影中はほとんど雨で、雨の写真ですが、昔はピーカンの写真しかだめでしたが、今では、雨でも、情緒があって旅情をかもし出すような写真も採用されるようになったとおっしゃっていました。
 
 今は、関西JTBの「旅物語」の写真は、吉村さんが撮影されているそうで、ご覧になってみてください。

Imgp7846
 今回の取材でほとんどが雨打ということでしたが、こんな状態で、雨ざらしで使っていたそうです。ペンタックスの防滴は優秀だとおっしゃっていました。

 今日はここまで。次回はいよいよ中井精也さんです。

|

« K-3 トークライブ 東京 セミナー編 田中希美男さん | トップページ | K-3 トークライブ 東京 セミナー編 中井精也さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141181/58463999

この記事へのトラックバック一覧です: K-3 トークライブ 東京 セミナー編 吉村和敏さん:

« K-3 トークライブ 東京 セミナー編 田中希美男さん | トップページ | K-3 トークライブ 東京 セミナー編 中井精也さん »