« CP+2011 その2 | トップページ | CP+2011の美女たち その1 »

2011年2月12日 (土)

CP+2011 その3

CP+の続きです。

Imgp5828
 さて、このシルエットは?

答えは続きで。会場のほかの様子もすこしだけ。

 この、ぽっちゃりしたスナフキンのようなシルエットの答えは、ニコンで講演されていた、中井精也さんです。写真の撮り方などを講演されいました。写真は中井さんの「三分割法」の説明です。詳しく知りたい方は中井さんの

Nakai 「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」

をご覧ください。

 ニコンでの二回目の講演は田中さんの講演と時間がかぶっていて聞くことができませんでした。残念。

 実は電車を降りて会場への行列で中井さんとご一緒でした。

 中井さんは人気の鉄道写真家ですが、鉄ッチャン以外にも訴えかける写真を撮っていらっしゃっていますね。でも何かニコンではちょっと窮屈でフラストレーションがあるように感じられるのは、私だけでしょうか。

Imgp6071
   ところが、歩いていて、偶然BENROという三脚のブースで講演されている中井さんを発見。車座に座って和気あいあいの講演でした。ちょっと得した気分でした。先日のBS-TBSの「にっぽん鉄道写真の旅」でここの三脚を持っていたのが縁で講演することになったのだとか。

Imgp6078
 こちがBENROの三脚です。ブランドの語呂でもわかるように中国のメーカーだそうで、たたむと平らになる構造が特徴です。世界では30%のシェアがあるんだとか。中井さんはメーカーのことは良く知らずに、この構造が良くて使っていたそうで、この講演でも、背中に入れた三脚をシャツの中から取り出して見せていらっしゃいました。

  「ペンタックスで撮った写真もいっぱい見せますよ!」とおっしゃっていたので、フラストレーションの原因はここらあたりかも。ニコンを使って、ご商売は順調のようですが。

 写真を紹介されながら、子供たちを笑わせる魔法の呪文「うんこ、ちんちん」を紹介していらっしゃいました。鉄板だそうです(^^;

Imgp6123_2
 「ゆる鉄」「ほのか旅」という中井さんのコンセプトはペンタのカスタムイメージ「ほのか」で仕上げられることも多く、先日の「にっぽん鉄道写真の旅 富山編」ではペンタのK-rで「ほのか」の説明をしていらっしゃいました。 こちらは番組でのシーンです。TBSさんに遠慮して小さく載っけておきます(^^ゞ

 ペンタさんに、この話をして、もっと中井さんとのイベントをやってくださいとお願いしておきました。ちなみに中井さんのペンタの 2011年版 カレンダーは、第62回全国カレンダー展において、2つの部門で受賞したそうです。

さて、そのほかの会場では

Imgp5897
 こちらはトイカメラ専門のキズモショップのブースに展示してあったViviarのV3800Nというフィルム一眼レフカメラです。どちらかというと、トイカメラに近いのかも。なんとレンズのマウントがペンタックスKマウントだそうです。一時期はユニバーサルマウントで仕様も公開されているので採用されたのでしょう。

Imgp5910
 早速K20Dにつけて写真を撮って見ました。F1.7絞り開放ですがぼけ味も面白いですね。プラスティックでチープなつくりで、ヘリコイドが猛烈に重かったです。使っていれば軽くなるのでしょう。レンズだけ別売はしないそうです。

Imgp5904
 こうしたトイカメラはお安くてジャンクなカメラですが、味のある写真も撮れて、高画質、高感度、秒なんコマなんてことがつまらなく思えてきますね。

X100Imgp5931_2
 こちらはフジのX100というカメラですが、ブースに行列ができていて、手にすることができませんでした。トイカメラではないですが、趣味性の強いカメラで人気があるようです。

今日はここまで。

|

« CP+2011 その2 | トップページ | CP+2011の美女たち その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141181/50838544

この記事へのトラックバック一覧です: CP+2011 その3:

» 不妊治療 [不妊治療]
不妊治療について紹介しているサイトです。是非参考にして下さい。 [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 17:20

« CP+2011 その2 | トップページ | CP+2011の美女たち その1 »