« BS-TBS にっぽん鉄道写真の旅2 | トップページ | CP+コンパニオン その1 »

2010年3月12日 (金)

CP+ 2010

CP+に出かけてきました。

K20D+DA40Limited
Imgp0188
  ペンタさんの今回の目玉はやはり645Dでしょう。こちらは田中希美男さんと丹地敏明さんのトークライブです。4000万画素の解像度と諧調のよさを指摘されていました。やはり高画素なので手ぶれに細心の注意が必要のようです。645Dには手ぶれ補正がありません。
 丹地先生はシャッターを握るように切るそうです。女性を扱うようにと、おっしゃってました。また、三脚に乗せていてもミラーアップしてもそのショックでゆれているので10秒、20秒と待つこともあるそうです。
 ピントについて、擬似ピント(だったかな?)、つまり絞っているから被写界震度が深くなってずっとピントが合っていると勘違いしているようだが、被写界深度が深くても、被写界深度の中でピントの来ているところはひとつしかなく、どこにピントを合わせ、どこからどこまで被写界深度があるか、考えながら写真を撮らなければならないと、含蓄のあるお言葉には感服しました。 

Fukei_2

 ちなみに、「にっぽん百景」風景芸術家と巡る日本の美 第2回も丹治先生の伊豆編だそうです。前回の日光編に続き、今回も楽しみですね。前回の放送で、74歳を連発されたのには閉口したそうです。

.

.

 

 100312_172101_2  100312_172201_5 
  こちらは、フォーラムで見つけたお宝カメラ「645 Japan」です。ペンタさん得意の限定版で、Japanつまり漆塗りのカメラです。珍しいといえば、これとLXGoldとが双璧でしょう(^^vぶぃ
 携帯で撮ったので見苦しいのはご勘弁を。旧フォーラムでの展示品だそうです。展示といっても触られたものではなく、きれいだそうです。これが9万8千円とは驚きです。思わず、ぐらっと来ました(^^ゞ そんな悩んでいる人もたくさんいるのだとか。コレクターズアイテムでおひとついかがでしょう。早い者勝ちです!
  そういえば、フォーラムにはLXGoldも展示してありました、あれは、いずこに・・・?

続きもCP+ですが、おね~さんは、また、次回(^^ゞ


K20D+DA40Limited
Imgp0194
 こちらはカスタムモードの「リバーサルモード」の説明です。ペンタは認めないけれどベルビアのような仕上りだそうです。ちなみにマークが富士山なのはきっとフジのベルビアのことだとおっしゃってました。SilkyPixにもVやPなどベルビアやプロピアの仕上がりがありますが、こちらはペンタ独自の設定だそうです。SilkyPixのほうは、私にはちょっとやりすぎで違和感があります。

Imgp0061
 こちらはスケルトンモデルで、手前が交換スクリーンですが、やはり大きいですね。

Imgp0132
  こちらはカットモデルですが、手前にセンサーが展示してあります。隣に比較にフルサイズサイズのセンサーが置いてあります。すわ!、これはペンタが開発しているフルサイズ機のセンサーかと思いましたが、ペンタの方はあまり気に留めていないようですが、645Dもようやく日の目を見たようなので、フルサイズ機も出してくださいとお願いしておきました。

 タッチアンドトライコーナーはずいぶん込んでいました。私の贔屓目でしょうか、おね~さんのところ以外ではこの会場ではずいぶん混んでいると思いましたけど、どうでしょう。並んでいると正時なると整理券を配っていて、整理券があると決められた時間になると、優先的に列に入れるようになっていて、なんだか変なシステムで、ちょっと納得いかない感じです。

 触った感じでは645に比べて軽く感じましたが、気のせいのようで、実際は少し重いのだとか。いっぺんにレンズを出すわけにもいかないのか、645のFAレンズを使うようにレンズ補正データも組み込まれていますが、そこが35mmタイプの一眼レフと違うようですね。センサーのサイズもFAレンズのことを考えて、イメージサークルを小さくして周辺を使わないようにして少し小さいのかとも思いましたが、聞いてもやはり答えてくれませんでした。サムスンのCMOSかとも思いましたが、コダックだそうで、ずっとコダックのセンサーで開発もしてきたので当然といえば当然なのでしょう。モアレ低減フィルターが入っていないので、高解像度を生かせているのでしょう。

Imgp0029
 こちらは田中さんと開発陣の面々です。こちらは、ほとんど聞いていません・・・

Imgp0024
 こちらはニコンのブースで中井精也さんのトークライブで、フラッグシップ機の使いこなしというテーマでしたが、混んでいるのと、事情があって、こちらもほとんど聞いていません(^^ゞ

Imgp0083
 こちらは、ソニーのミラーレス一眼のコーナーで、実機のイメージのモックもなく、重さと大きさはこのくらいというデモの塊です。ステージでモデルさんは実機使用のモックを持っていましたが、こんなの初めてです。マウントも決まっていないのだとか。

 さて、件の事情ですが、またK20D君がストロボとの交信ができなくなって、PーTTLの表示が出なくてストロボが使えなくなりました。一部、マニュアルで使っていましたが、帰りにフォーラムに寄って入院させてきました。
 実はこれは初めてではなく、以前にも、レンズともストロボとも情報のやり取りができなくなって、しかも再現性がなく、フォーラムに持ち込むと正常になる有様でした。結局、フォーラム側では接点不良でマウントとストロボ接点の交換を提案されましたが、私としては電気的な不具合ではないかと思い、結局そのときは、マウント、ストロボ接点、基盤の交換をしました。
 それからは不具合もおきなかったのですが、先月、ノイズの件で、CMOSと基盤を交換したら、また、前のようにストロボとのやり取りができなくなりました。原因はわからないのですが、工場に送って点検してもらい、できればまた基盤の交換をしていただくようにお願いしておきました。今回はちょっとめげて、K-7にしようかとも、ちょっと頭をかすめました・・・

 そんなこともあって、今回はあまり会場を見て歩くこともなく、写真も少ないですが、ストロボが生きているときもあって、おね~さんは少し撮ってあるので、また次回にでもアップしたいと思います。

今日はここまで。

 

|

« BS-TBS にっぽん鉄道写真の旅2 | トップページ | CP+コンパニオン その1 »

コメント

怪人様おはよう御座いますm(__)m

な~んと怪人様も昨日のCP+へお出かけでしたかhappy01
実は私めも殆ど同じ会場におりましたですハイ@恐らくは過去に無いほどのニアミスが2,3www

さてと、冗談はさておき私目はトークセッションの終わった開発の方(前川さん)がDAリミテッドのフードをタミヤカラーでピンクに塗ってピンクのk-xに装着、肩から提げておられる姿を会場周辺でおみかけし、隙を狙って得意の一対一の質問(皆さんの前で質問したくないだけなのですが)をしてまいりましたscissors
質問の詳細は後日私のblogでご紹介したいとおもいまするm(__)m

投稿: DMR★ | 2010年3月14日 (日) 07:09

DMR★さん
おはようございます。

わたくしが出かけたのは金曜日です。
前川さんにはワタクシはすこし煙たがられているかもしれません(^^ゞ

ブログリンクさせてくださいねhappy01

投稿: パラダイスの怪人 | 2010年3月14日 (日) 07:18

怪人様今晩は(^-^;
お久しぶり過ぎのカキコでスイマセンm(_ _)m
現在シルキーピックスをインストールしたマシンが起動しなくなっておりましてお写真のUPが(。>0<。)( ゚д゚)ポカーン
そんな訳で開発の前川さんに伺った私の情報だけでも先にお知らせしようと参上した次第です(・∀・)ニヤニヤ
質問した内容は以下の通り。(順不同というか覚えてないだけかも(@Д@;)

私Q1.CCDが割高と言う事で今後安いCCDが出てくれば割安な中判デジカメは出せますか。
前川さんA1.CCDについては市場の需要次第です。新規にBODYから起こすと高くなりますが今回の645DのBODYをそのまま使用して中身だけと言う事なら割安なカメラを出せる可能性は高いです。

私Q2.ミラーショックのことが話題になっていますが中判デジカメでミラーレス機は実現可能ですか。
前川さんA2.使用する撮像素子の仕様次第です。今回の645Dでもライブビューはやりたかったのですが使用したCCDの仕様で出来ませんでした。

私Q3.最近SDXCと言う新しい企画の記録メディアが出てきましたけど今回の645DはSDHCまでしか対応していませんが将来ファームアップで対応は可能ですか。
前川さんA3.可能だと思います。ただしIstシリーズのような古い機種では容量だけの対応でSDXCの持つスピードには対応出来ません。

私の質問は現在覚えているだけでこれだけだったと思います。www
今回格安な中判デジカメを発表してくれたPENTAXさんに厚かましい質問をこんなに浴びせたDMR★で御座いました。

追伸
遅くなりましたがブログのリンク了解致しました是非とも宜しくお願い致しますm(__)m

投稿: DMR★ | 2010年3月25日 (木) 00:26

DMR★さん
こんばんは

いつも貴重な情報をありがとうございますm(_ _)m
安価な中版は出るといいですが、市場の販売数を考えるとコスト的に難しいかもしれませんね。
サムスンのCMOSはまだコストが高いのだとか。
645Dのプロサービスもどうするかまだ決まっていないようです。
それがないと、プロはなかなか使わないでしょうね。

私は相変わらずフルサイズをお願いしておきましたが・・・(^^;
でも出たら買うのだろうか・・・謎・・・

DU4でデジタルフィルターを使えるようにお願いもしておきました。

前川さんにはピントの山のつかみやすいスクリーンをお願いしたことがあって
ちょっとしつこかったかもしれません・・・

リンクの件了解しました(^^vぶぃ

投稿: パラダイスの怪人 | 2010年3月25日 (木) 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141181/47795653

この記事へのトラックバック一覧です: CP+ 2010:

« BS-TBS にっぽん鉄道写真の旅2 | トップページ | CP+コンパニオン その1 »