« ミゾコウジュ | トップページ | DA17-70F4SDM »

2008年7月12日 (土)

ペンタックスデジタルフォトセミナー

 今日、ペンタックス・デジタルフォトセミナーが東京表参道の青山スパイラルホールで開かれました。
 出かける前に参加登録メールをプリントアウトしようとしたら、プリンターのインク切れであせってしまいました。とりあえず、かすれたプリントを持って、念のために携帯にメールを転送して持ってきました。受付で参加者名簿から名前を確認して事なきをえました(^^ゞ

K20D+FA31F1.8AL Limitd
Imgp9825

  会場はたくさんの人が訪れていました。予約とはいえ席はほぼ満席です。今回は講演中は写真撮影が禁止でしたので、会場の写真はこれしかありません。

 講師は相原正明さんと伊達淳一さんです。後ほど詳細を。

K20D+DA17-70F4AL[IF]SDM
Imgp9821_4

  開放からシャープでそれでいてカリカリにならず素直な感じでボケも柔らかいです。 

続きもデジタルフォトセミナーです。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

K20D+FA31F1.8AL Limitd
Imgp9811

 表の青山通り。表参道はきれーなおね~さんも歩いています。

K20D+FA31F1.8AL Limitd
Imgp9812

 こちらは受付の様子。受付にもおね~さんはいませんでした(+o*)☆\(^^;

   さて、講演の様子ですが、まずは 相原さんはオーストラリアの風景や人物などスライドショーで紹介されていました。デジタルでモノクロが使えるとは思わなかったそうです。白の再現性とグラデーションがいいそうです。カラーのテーマは緑の再現性で、ぬれた植物の葉がいい感じでした。カラーは撮って出したそうで、ちょっとびっくり。

 写真がうまくなるにはおなじシーンもたくさん写真を撮ることだそうです。ライブビューで寝そべらなくてよくなって、植物もいためないし、種を体につけて運ばずにすんで生態系を乱すことがなくなっていいとおっしゃってました。タスマニアはほとんどが国立公園で、こんな配慮も必要なのだとか。

 町でポートレートを撮るには一言声をかけてとおっしゃってました。

K20D+DA17-70F4AL[IF]SDM 

Imgp9815_6  タッチアンドトライコーナーはK20D、K200Dに最近のレンズと今度発売されることになっているDA17-70F4SDMも展示してあって、触ることができるようになっています。DA17-70は2台しかありませんでしたが、自分のカメラにつけて撮影もOKで、会場が暗くてビルの外を写してみました。このまま持ち帰ってもわからない感じ。写真は明日にでもアップします。これまでは発売前は写真を撮らせてくれませんでしたが、発売延期の後ろめたさがあるのか、あるいは発表どおり実際チューニングは終っていて後は数を作るだけというのが正直なところで、「ご自由に」と言うところでしょうか。しかし会場が暗いのには参りました・・・

カメラ無料診断コーナーでは、たくさんの人がカメラを持ち込んでいるようで最後までごった返していました。

 伊達淳一さんは「ペンタックで行こう!」という講演です。使いこなしから、画質の評価、他社のカメラとの比較と盛りだくさんです。先日の「デジカメWatch」の記事が掲載されてすぐに依頼があったそうです。

 取り扱いでは親指AFとクイックシフトフォーカスが便利とおっしゃってました。高速連写では若いカワセミのダイビングをパラパラアニメで紹介されていました。

 画質については、「記憶色」の発色がいい、リバーサルライクでハイライトの発色が良いとおっしゃってました。青はコバルトブルーがよく出てシアンっぽさがないのがいい。緑は赤茶けたりせずに、水銀灯の緑もリバーサルの感じがよく出ている。黄色は白っぽくならず赤茶けない。赤は色相が変ららず朱色ッぽくならない、など詳細に作例で説明されていました。また、オリンパスE420、ニコンD300ソニーα350とキヤノンはなんだっけ、比較も作例を出して説明されていました。

 ファインシャープネスではパープルフリンジが少ないがノイズが多く、実用ではISO400まで、ファインシャープネス切りで実用ISO800~1000というところ。

 小絞りボケではF11が限界、できればF8で。逆に偽色を絞ってごまかす裏技も。

 諧調は中間調のメリハリがよくハイライトのつながりが良い。ちなみにニコンは中間調が明るく、キヤノンはハイライトが明るいとのこと。

 ダイナッミックレンジ拡大はノイズが目立つのでファインシャープネスとの組み合わせでは、ISO200が良い。

などなど。

 最後にDA17-70F4SDMについて。クリアで抜けがよく、倍率色収差も少なくハイライトも発色もいいとおっしゃってました。DA16-45と新旧キットレンズと比較されていました。アジサイを撮ったB0の作例が展示してありましたが、開放からシャープで、ボケも柔らかくきれいという感じでした。私は収差などDA16-45のほうが少なく、シャープであらためて画質のいいレンズと再認識しました。ズームだしF4ですから私は買いませんけど。なかなか素直でいい感じのレンズに仕上がっていると思いました。

 ペンタの方に3年後のフォトキナぐらいにはペンタもフルサイズを出してくださいとお願いしておきました。SDMリアコンはまだいつになるかわからないとのこと。2xに三脚座をお願いしたらびっくりされていました。DA★55、DA★60-250も順調に開発が進んでいるとのこと。こちらはちょっと、公式見解の感じ。

K20D+FA31F1.8AL Limitd
Imgp9843

 今回の戦利品。といってもアンケートでティッシュとはちょっとがっかり。受付でペンタックスファミリーの機関紙をいただきました。

 今日はここまで。次回DA17-70F4AL SDMの写真を。ちょっとの間なので期待しないでください。

|

« ミゾコウジュ | トップページ | DA17-70F4SDM »

コメント

こんばんわ。
来週は名古屋なんですよね~。
まあ行きません、行ったら欲しくなるだけですし。
やはりフルサイズのお願いをしてきましたか。私もはやく欲しいです。

おまけはペンタックスファミリーの最新号ですね。私もつい最近送られてきましたが、フィルムで撮った写真が多くて、その色あいの良さを再認識していまいました。

投稿: のりだむ | 2008年7月12日 (土) 21:20

のりだむさん
こんばんは

まあ、そういわずに出かけてはいかがでしょう。
講演も面白かったですよ。

伊達さんはK20Dはリバーサルライクな画質といってました。
私もこれでフルサイズまで打ち止めです。
お金がありません(^^ゞ

ペンタックスファミリーの会員ですか?
勧誘されましたが、会費が高いのでそれならレンズを買いますといっておきました(^^/

投稿: パラダイスの怪人 | 2008年7月12日 (土) 21:30

パラダイスの怪人 さん、こんばんは。
なかなか評判が良いようなので、来週、大阪会場に行ってみようと思います。
>カメラ無料診断コーナー
どんな診断をしてくれそうでしたか? 折角の機会なので、可能なら、DA16-50とDA55-300のAF精度を「診断」と点検してもらおうかと思ってるのですが...

投稿: ボンボンバカボン | 2008年7月12日 (土) 23:23

ボンボンバカボン さん
こんばんは

オモロ~!ですからぜひお出かけを♪

カメラ無料診断コーナーはよく見ませんでしたが、
機材もあまりないようで、たいした診断はできなさそうでした。
たくさん持ち込まれていて忙しそうで、簡単な点検のようでした。
簡単におためしにはいいかもかもしれませんが、大阪ならペンタのサービスに持ちこんなだ方がよさそうでした。

投稿: パラダイスの怪人 | 2008年7月12日 (土) 23:36

パラダイスの怪人 さん、こんばんは。
オモロ~!ですか。行ってみます。平日はサービスに行けないので、無料診断に期待してたんですが、残念です。あと、お姉さんがいないのが、一番、残念です。

投稿: ボンボンバカボン | 2008年7月12日 (土) 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141181/41813100

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックスデジタルフォトセミナー:

« ミゾコウジュ | トップページ | DA17-70F4SDM »