« 「まねない。だから、まねられない」 | トップページ | ツリフネソウ »

2007年9月30日 (日)

中村文雄氏「クラシックカメラ講座」

 今日、ペンタックスフォーカルで開かれた中村文雄氏を講師にした「クラシックカメラ講座」に出かけてきました。

1_2
 出かけようと思ってこのチラシをもらってきていたのですが、すっかり忘れていて、午前中に電話したらまだ参加可能ということで、雨のなかおっとり刀で出かけてきました。

 会場に着いたら、今日本当にセミナーが開催されるのだろうかという感じで、主催者のフォーカルも時間を勘違いしていたりで、参加者も始まったときは4人で、途中から参加も含めて8人でした(^^ゞ

続きはセミナーの様子です。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ブログランキングに参加しています。

K10D+DA40F2.8Limited
Imgp3420

  こちらは会場に用意されたクラシックカメラとレンズ達です。日本初の1眼レフカメラアサヒフレックスの前の時代のカメラを説明するのに、レンジファインダー機のライカⅢと2眼レフのローライフレックスが用意されていましたが、120フィルムが珍しいのかブローニーフィルムを出してきて、ローライの説明に時間を割くという椿事も。そういえばうちにも「金ピカローライ」があったっけ。廉価版のRolleiCordですが・・・

 写真の左右の端に日本初の1眼レフのアサヒフレックスと世界初のクイックリターンミラー搭載のアサヒフレックスⅡBが出ています。クイックリターンミラーが出る前のアサヒフレックスを実際シャッターを切ってみて、シャッターボタンを離すまでブラックアウトする様子や、ウエストレベルファインダーでの左右逆像、縦位置で写真を撮るのが難しいので、縦位置用のファインダーがついていたりなど、実際に触って確かめられました。いつもは陳列ケースの中でしか見ることのできないカメラを触りまくって楽しめて、しかもこの近さですから、勝手にどんどん触れて楽しいひと時でした。

 この後SPから始まってKシリーズまでそれぞれのカメラがどんな機能を追加してきたか、レンズとの関係も説明があって、あっという間の2時間でした。

 最後に珍しいレンズの紹介があって、レトロフォーカスのAutoTakumar35mmF2.3、日本初の魚眼レンズで世界最薄のパンケーキレンズFishEyeTakumar18mmF11を実際カメラにつけて触ってみせていただきました。35mmは中古屋さんでも見かけますが、フィッシュアイパンケーキははじめて実際に触ってみられました。ほ、ほし~~ぃ!
 
 私が始めてみたのは紫外線撮影用の蛍石をレンズの硝材にしたQuartzTakumar85mmF3.5とその後継機のUltraAachromaticTakumar85mmF4.5です。前のレンズは絞りがF5.6あたりで星型になっていて面白いボケ味が楽しめるかもしれません。特に後のレンズはピント位置の調節を、前球が引っ込むようになっていて、フィルターを押し込むと自動的に調整してくれるようになっていて感心してしまいました。警察の鑑識や美術品の考古学調査などに使われたそうです。F5.6は最近ヤフオクに出て15万でした。安かったですね。

K10D+DA40F2.8Limited
Imgp3423
   
 今日はここまでですが、帰りの電車の中でペンタックスの車内広告を見かけたのでご紹介しておきます。昨日の新聞広告といい、こんなことが話題になるのもペンタならではですが(^^ゞ

|

« 「まねない。だから、まねられない」 | トップページ | ツリフネソウ »

コメント

今日は♪
結局8人だったのですね!?^^;
いや~
何か、いいですね!!
私が、DL2を購入した時の
価格.comも、そんな感じでした?・・・。

投稿: ラピッド | 2007年9月30日 (日) 20:23

ラピッドさん
こんばんは

なにかオフ会のような感じで
参加されている方とも和気藹々と言う感じでした。

中村さんにもっと聞きたいこともあったのですが
あまりマニアックなことになってもと思って、
遠慮していました(^^ゞ

投稿: パラダイスの怪人 | 2007年9月30日 (日) 20:28

>あまりマニアックなことになっても
 と思って・・・

遠慮はいけません^^
私でしたら、ここぞとばかりに
ビシバシ質問すると思いますよ♪

投稿: ラピッド | 2007年9月30日 (日) 21:02

年配の男性の方がローライを懐かしいとおっしゃってましたが、
両隣の方はライカのフィルム巻上げやローライのシャッターがわからないようでした。
後はお若い方でブローニーフィルムをはじめて見る感じでした。

結局ほとんど私が質問したりすることになって
マウントアダプターの位置決めや
SMCコーティングとゴーストレスコートの違いなど
抑えるのに必死でした(^^ゞ

ご婦人がおうちに2眼レフがあるそうで
居残りで中村さんとしゃべっていらっしゃって
ローライフレックスとローライコードの違いなど
私がしゃべったりして・・・

投稿: パラダイスの怪人 | 2007年9月30日 (日) 21:31

>両隣の方はライカのフィルム巻上げやローライ のシャッターがわからないようでした

私も解りません(爆)
でも、
8人でしたら、私も
行けば良かったと後悔しています。
その時間帯は、フジヤカメラにいました( ̄ω ̄)

投稿: ラピッド | 2007年9月30日 (日) 23:59

いらっしゃればよかったですね♪

でも、どなたかネット上でお知り合いの方がいらっしゃるかと
びくびくしていたんですけど(^^ゞ

最近レンズあさりがお盛んなようで何よりです。
今日は新宿まで行ったのに
根性がなくてパトロールは中止でした(^^;;

投稿: パラダイスの怪人 | 2007年10月 1日 (月) 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141181/16620572

この記事へのトラックバック一覧です: 中村文雄氏「クラシックカメラ講座」:

« 「まねない。だから、まねられない」 | トップページ | ツリフネソウ »