« セスジイトトンボ | トップページ | 蝶たちの恋の季節 »

2006年6月30日 (金)

ショウジョウトンボ

 トンボシリーズ第3弾、「ショウジョウトンボ」です。赤トンボとも言われる、「アキアカネ」などよりもっと赤くて体中、足、羽の付け根まで真っ赤な、本当の赤トンボです。名前のショウジョウとは「猩々」と書いて、深紅色のことをさします。むつかしい名前をつけますね。

FA☆200F2.8ED[IF]+A2×-L
Imgp7431

  こうしてとまって、しきりに顔を動かしていました。

  にほんブログ村 写真ブログへ 

FA☆200F2.8ED[IF]+A2×-L
Imgp7434

 こちらに気が付いた様です。しきりに腹を広げ、だんだんと持ち上げて、威嚇しようとします。☆200の大きな前玉が、1mにも満たない所にあるので、大きなトンボの目玉と思ったのでしょうか。

FA☆200F2.8ED[IF]+A2×-L
Imgp7448

 とうとうこんな格好で逆立ちしてしまいました。 ここまで敵視されれば、☆200もレンズ冥利に尽きると言う物ですね。

今日はここまで。

|

« セスジイトトンボ | トップページ | 蝶たちの恋の季節 »

コメント

こんにちは。
怪人さん、すごい。正に脱帽です。特に3枚目の写真。このような写真が撮れたら、私、狂喜乱舞。親戚中に写真を送りつけてしまいます。

投稿: nanzo | 2006年6月30日 (金) 21:24

NANZOさん、こんばんは。

最初は、写真を撮っている私にも、このトンボの行動の意味が解らなかったのですが、
調べていくうちに、相手を威嚇する
ショウジョウトンボの生態に触れたものがあって、
やっと、なぜ、逆立ちしているのかわかった次第です。

1mぐらい前で逃げる事もなく、
長い間逆立ちするトンボは大変面白かったですね。

投稿: パラダイスの怪人 | 2006年6月30日 (金) 22:41

ショウジョウトンボの威嚇、スゴイですね。
お腹がふくらんで、逆立ちまでして。
前玉を威嚇していたのなら、なお楽しいですね。

投稿: babathegiant | 2006年7月 2日 (日) 04:05

BABATHEGIANTさん、こんにちは。

レンズを威嚇したのは私の想像ですが、
他に何もなく、
レンズを離すと落ち着いて、近づけると逆立ちして、と言う感じでした。

私だけのときは、近づくと飛んで逃げ出したりしていましたので、
ほぼ、間違いないと思います。

投稿: ,パラダイスの怪人 | 2006年7月 2日 (日) 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141181/10614099

この記事へのトラックバック一覧です: ショウジョウトンボ:

« セスジイトトンボ | トップページ | 蝶たちの恋の季節 »