« ベニシジミ | トップページ | キタヒメヒラタアブ »

2006年6月26日 (月)

セグロアシナガバチ

 今日は「セグロアシナガバチ」です。大型の蜂では一番よく見かける蜂で、軒下や庭の低木など身近な所に巣を作るので、自治体などに駆除の相談も一番多い蜂だそうです。
 
 スズメバチの仲間ですが、あまり攻撃的ではなく、巣を突っついたり、飛んでいる蜂を手で払ったりしなければ刺すことはありません。もちろん毒がありますので、刺されれば痛いですし、以前に蜂に刺されて、蜂アレルギーのある人には死にいたる事もある危険な蜂です。

 餌は蝶や蛾の幼虫の青虫や毛虫を食べますので、一応、益虫の仲間に入れられています。

FA☆200F2.8ED[IF]+A2×-L
Imgp75802

  この巣がどこにあるかと言うと、私の駐車場のすぐ後ろで、バンパーから30cmぐらいの所にあります。今は女王蜂だけのようですが、やがて働き蜂や雄バチが生まれてくるので、益虫とはいえ刺されれば危険なので駆除を相談するかどうか、悩む所です。
 
 この写真も、もっと近づけるのですが、小さいころにトックリバチに刺されたことがあって、蜂アレルギーがあるかどうかわからないので、ちょっと腰が引けています。
  このアレルギーはアナフィラキシーといって、蜂に刺され、年間30人程度の死者も出ているとか。野性との共存はむつかしい・・・。

 今日は悩みながら、これだけ。

  にほんブログ村 写真ブログへ  

|

« ベニシジミ | トップページ | キタヒメヒラタアブ »

コメント

今晩は。
今日は書き込み出来るかな?
☆200mmは、やっぱり良いですね~!。
 ☆200mmと言えば以前から疑問が・・・
このレンズに「接写リングセット」って
装着可能なんでしょうか(汗)?
遠くの物をマクロ的に
撮影したいのですが・・・。
やっぱり、マクロレンズにリアコンが
BESTなのでしょうか?
お願い致します<(_ _)>

投稿: ラピッド | 2006年6月26日 (月) 22:39

ラピッドさん、こんばんは。

昨日はありがとうございました。
メールを一部抜粋して、プロバイダーに文句言っときました。

さて、お尋ねの件ですが、
オート接写リングKですが、装着可能です。
接写リングはバックフォーカスを長くして、最短撮影距離を短くする道具です。
したがって、最短撮影距離が短く出来ますので、接写が可能です。
今、手元にデータがないのですが、マクロで言う等倍までは行かなかったように感じました。
また、上に書いた理由で、無限遠が出ない、と言うか、
ピントの合う範囲が極端に短くなりなすので、接写以外には使えません。
接写リングは、ただの何もない筒ですから、開放F値が変化せず、画質の劣化もありません。
接写以外にはとても使えません。
したがって、

>遠くの物をマクロ的に

は使えませんね。最短撮影距離プラスアルファ程度の距離でしか使えません。
接写リングは3つの組み合わせですから、
薄い物はそれだけ遠くは写せますけど。

リアコンバーターは最短撮影距離は元のレンズと同じですが、倍率が変わりますので、結果として被写体を大きく写すことができます。
接写ではありませんのが、結果は大きく写せますので、擬似マクロ的な使い方と言えます。
無限遠までピントが合いますので、そのまま、2倍なら☆400mmF5.6のマニュアルレンズとして望遠にも使えます。
☆200には3脚座がありませんので、3脚につけたときブレル可能性も増しますけど。
特に、A2×ーLは☆200専用(他にはサンニッパと後少しだけ)の光学設計がされていますので、画質も信頼できる出来具合となっています。

「両方逝っとけ」みたいな話しですが、
用途に合わせて、使い分ける、と言う感じでしょうか。

もともと、
>遠くの物をマクロ的に
は矛盾がありますので、
「遠くの物を大きく写す」なら
リアコンバータになると思います。

投稿: パラダイスの怪人 | 2006年6月26日 (月) 23:25

追加です。

実際にデータを取った事ありませんが、
200mmなどの望遠では
最短撮影距離が長くて、
接写リングの効果は小さかったように記憶しています。

焦点距離が短く、最短撮影距離が短いほうが、
効果が大きかったように感じました。

それにしても
☆200マクロほしかったなあ・・

投稿: パラダイスの怪人 | 2006年6月26日 (月) 23:32

さらに、追加です。

被写体を同じ大きさに写せるとしたら、被写体と距離がある分、
望遠レンズにリアコンを使ったほうが
マクロレンズより、被写界深度が深い、
つまり、ピントの合っている範囲が広くなります。

また、逆に、その分、手ぶれも大きく、
ミラーショックなどの影響も大きくなって、
またピントが来ない、と言うこともあります。

投稿: パラダイスの怪人 | 2006年6月26日 (月) 23:44

有り難う御座いました。
お聞きして、更に疑問が・・・

>2倍なら☆400mmF5.6のマニュアルレンズ として望遠にも使えます

と言うと、A2×ーLを購入して撮影する時、
「AFは使えない」と言う事なんですね!?

>☆200マクロほしかったなあ・・

私の嫌いな、アキバのにっ○んカメラに
かなりの金額で、出ていた気がします・・・。
今度覗いて見て下さい。

投稿: ラピッド | 2006年6月27日 (火) 00:12

テスト。
またダメでした~。

投稿: Mizu | 2006年6月27日 (火) 00:18

以前いろいろ教えてもらったMizuです。
結局接写リングは出番がありません・・・・。
私が使うにはまだまだ早すぎですね。

投稿: Mizu | 2006年6月27日 (火) 00:20

ラピッドさん。

接写リングもリアコンバーターもマニュアルレンズになります。

☆200マクロは今年の初めまで、ヨド秋葉に新品がでていました。198,000円でしたので、
ヨド秋葉には行かないようにしていました。(^^ゞ

投稿: パラダイスの怪人 | 2006年6月27日 (火) 00:31

MIZUさん、お久しぶりです。
プロバイダーとやり取りしていて、
時間をとられてしまいました。

「ネジバナ」の設定は変更しておきましたので、
現在は書き込みできるかと、思います。

接写リングは被写界深度が極端に浅くなりますし、
絞っていくとシャッタースピードが遅くなりますので、私もめったに使いません。
3脚も必須になってきますね。

ペンタックスのフォーカスエイドの精度は
この辺では当てになりませんので、
練習と数打つで何とかなると思います。
早すぎ、と言うこともないでしょうから、
ピント合わせに御自分の目を信じて、
場面によって使ってみてはいかがでしょう。

投稿: パラダイスの怪人 | 2006年6月27日 (火) 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141181/10660307

この記事へのトラックバック一覧です: セグロアシナガバチ:

« ベニシジミ | トップページ | キタヒメヒラタアブ »